« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年2月26日 (木)

卒展:京都精華大学&京都造形芸術大学

過日、京都精華大の韓国人留学生ジョン・ジェ・イク君の卒業制作映画『接触警戒混乱(必殺の一発)』を観てきました。全体の色あいがとてもカッコ良かったです。主役メンバーの演技も良かったし、私が出演をお願いしたメンバーの演技も良かったです。自らの演技に関しては反省ばかりでしたが…。まぁ、とにかく完成したということで、ホッとしました。
そのことも関係しますが、私の家のごく近所に京都造形芸術大学の映画学科があり、ここの卒業制作展を毎年観に行ってますが、今年はまた一味違った気持ちで客席に座っています。今日までに5本観させてもらいましたが、年々レベルが上がっているなぁ、と感心しています。3/1(日)まで上映しているので、ご興味のある方はどうぞ。本校舎の卒業制作展も楽しいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

第36回Kyoto演劇フェスティバル-閉幕

2/15(日)、「第36回Kyoto演劇フェスティバル」の最終日は『演劇クロス世代』と題した「世代交流プログラム」の日でした。児童劇団やまびこ座、立命館中学演劇部、立命館高校演劇部、京都造形芸大の「ルサンチカ」、そしてベテラン揃いの「有座(たもつざ」…各世代の秀作に触れ、創り手も観客も大いに刺激を受けたことと思います。実行委員である私は、主に表方を担当していて、全てを観る事ができなかったのですが、立命館中学演劇部の作品には特に感心させて頂きました。
最終上演作品のルサンチカ『楽屋』(作/清水邦夫)が終わると、いよいよフェスティバルの「グランド・フィナーレ」となり、フェスティバルで上演された全ての団体の代表者が舞台に勢揃いするという趣向。そして、その場で発表されたのが「観客賞」…これは、前回より新設されたもので、一般部門で上演された作品に観客が「これが良かった」と投票し、その得票数を競うものなのです。そして今回、市民劇団O2劇場『煙が目にしみる』が、その栄誉に輝きました。同日に上演したミュージカル劇団ケセラ・セラさんや劇団京すずめさんの強力な観客動員があっての「少々棚ぼた式かな」とも思える部分はあるのですが、多くの方から「良かった」「面白かった」「泣きました」と言って頂いていたので、劇団メンバーも潤色・演出をした私も胸を張って受賞させて頂きました。あらためて、良い作品・良いメンバーに感謝しています。

話は変わって「映画」のこと。前の記事にありますように、18(水)より上映が始まりましたが、具体的な時間が分かりましたので、記載しておきます。11:00~11:50 / 13:30~14:20 / 16:00~16:50 です。予告編を見ても感じて頂けると思いますが、結構カッコイイんです。お時間がありましたら、是非ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

演フェスひと息/映画予告編

お陰さまで、山科醍醐こどものひろば演劇部「ぽっぷ・こーん」による演フェス参加作品『けふこゑて 〜はじめのいーっぽ!〜』は、無事終演いたしました。最後の最後までセリフをいじり、演出を変えました。そうして、出演者を追い込み、スタッフに無茶を言い続けました。私も音響オペをやったのですが、「稽古でやってないことを本番でやること」への緊張で必死でした。本番の舞台は、良い緊張感でテンポも良く、メリハリもあって…良かったと思います。ご覧頂いた皆様、ありがとうございました。関係者ならびに御協力頂いた皆様、お疲れさまでした。

それから、京都精華大の留学生ジョンくんの映画のことですが、予告編がYoutubeで公開されています。本編は京都精華大「卒業・修了制作展(会場は京都市美術館)」2/18(水)~2/22(日)〔9:00-17:00※入場は16:30まで〕にて上映されます。

演フェスは14(土)の児童青少年部門と15(日)の特別企画とが残っています。私は実行委員として表方をやっています。ご来場お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

そして、2月11日(祝)...演フェス

市民劇団O2劇場の演フェス初参加作品『煙が目にしみる』、無事終演しました。戯曲の面白さ、団員の方々の努力の甲斐あって、「笑いました」「泣きました」と多くの方から声を掛けて頂きました。とりあえず、一段落…と思っていられないのです。今回の演フェスでは、児童青少年部門でも私の演出作品があります。山科醍醐こどものひろば演劇部「ぽっぷ・こーん」です。

『けふこゑて ~はじめのいーっぽ!~』
作/中村友祐 潤色・演出/中田達幸
日時:2月11日(祝) 14:05分開演(ホール開場12:30)
会場:京都府立文化芸術会館 TEL 075-222-1046
料金:前売700円(当日800円)全席自由・小学生以上有料

Photoこの作品は大学3回生の中村友祐くんが脚本を書き、昨年8月と11月に同タイトルで上演してきた作品ですが、回を重ねる毎に出演者の数が増え、脚本も変化・進化してきました。更に今回は私が「潤色」という名目でセリフや場面を再構成しています。本番3日前(2/8)の最終稽古でもクライマックスのセリフや演出を変えました。そんな過酷な(?)稽古現場で頑張ってきた少年少女たちの姿を観に来て頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »