« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年6月20日 (水)

WS発表会編/無事終演

先日の「こどもの文化フォーラム(京都市東部文化会館)」は、心配された天気も回復して、イベント日和となりました。私たちの「山科醍醐こどもの創作劇・WS発表会編」にも120〜30名(?)もの観客に見守られながら、無事終了しました。
実は私たちの枠は1時間戴いておりまして、WSで創られた『つるん!』と題した作品(「すべる」というキーワードで創られた4つのオムニバス作品)の上演時間は30分足らず。では、あとの30分は何をしたのか…。このイベントでは他にも色んな団体が演奏や発表をしているのですが、それぞれに「体験」という企画が設けられているのです。一般参加者が楽器に触れたり、皿回しができたり、踊りを教えてもらったり…これは主催者である実行委員会の主旨に沿ったものなのです。で、私たちも「体験」ということで、「演劇ワークショップ」をやることにしました。私の指導のもとに観客の皆さんには、「ストレッチ」「顔ジャンケン」「発声」などを座席にいるままで体験して戴きました。最後には「目には見えない大きな風船」をみんなの手で「玉ころがし」をして感じて戴きました。なんとか楽しくやれたようで、ホッとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

6/17は東部文化会館へ

昨日(6/15)は大津のM保育園で落語をやらせていただきました。夕方の「お迎え」の時間に『たそがれコンサート』と銘打ち、毎月音楽や芸能などを子供たちと親御さん方、さらに地域の方々と一緒に楽しんでおられるそうです。私はひょんな縁で下鴨の某ギャラリーのマスターに紹介して戴きました。人形劇団京芸のSくんの楽しい「オリジナル紙芝居」と共に、私は「動物園」という噺をやらせていただきました。緊張もしましたが、いくつか笑いも起き、なんとか話しきりました。終演後には園長さんの魅力的で迫力のあるお話も聞かせて戴き楽しいひとときを過ごしました。

17日(日)は「山科醍醐こどもの創作劇ワークショップ+発表会編」の舞台発表本番です。一つのキーワードから参加者たちが創り出した4つのオムニバス『つるん!』。京都市東部文化会館の創造活動室で11:20から観客参加型のワークショップと併せて約1時間ほどの内容です。これは「こどもの文化フォーラム」というイベントの1プログラムとしてやらせて戴きますが、他にも「劇団京芸(14時〜)」や「あさむおじさんのハラハラドキドキショー(13時〜)」なども楽しめます。お気軽にお越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

6/3『おとなの読み&書き』ふたりの猫会議

5月のブログ記事は1つきりでしたネ。さすがに反省です。

さて、直前のお知らせで恐縮なのですが、猫会議朗読公演でお馴染みの2人による公演です。

●P-actステージ  
 ふたりの猫会議 『おとなの読み&書き』

    作 森嶋也砂子 と 飛鳥井かゞり
   出演 飛鳥井かゞり と 森嶋也砂子

     作家、書く 舞台の上で
     女優、読む 舞台の上で

◎6月3日(日)14時&17時
◎料金 大人 2,000円 高校生以下 800円
◎完全予約制[p.actmail0841@gmail.com](各回定員30名)
◎会場 P-act( http://www.ac.auone-net.jp/~p-act/ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »