« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月26日 (木)

王女メディア/平幹二朗

Photo_3京都労演2月例会は、かつて蜷川幸雄演出・辻村ジュサブロー衣裳で伝説の作品となった平幹二朗さんの『王女メディア』を新演出で。平幹二朗さん自身が「最後のメディアに挑む」とおっしゃっている渾身の舞台です。


『王女メディア』幹の会+リリック プロデュース公演

●エウリーピデース 原作/高橋睦郎 修辞
●高瀬久男 演出
●平 幹二朗・城全能成・若松武史・三浦浩一 他
 
 ギリシア悲劇の三大作家の一人エウリーピデースの代表作『王女メディア』。平幹二朗は1973年に男優としてメディア役に挑み、「長く記憶に残る演技」と高い評価を受け、83年にはアテネの舞台に立ち、30分近くに及ぶカーテンコールに包まれました。男性の地声で演じられるメディアは強烈で猛々しく、人間の悲しみや怒り、様々な感情を大きなスケールで浮き彫りにします。伝説の平幹二朗の『王女メディア』が新演出で蘇ります!

日時/2月5日(日)ヒル4時開演
      6日(月)ヨル6時30分開演
会場/京都会館第2ホール

「京都労演」は月会費3500円で年間7回の例会作品が観られる演劇鑑賞団体です。京都では『王女メディア』が観られるのは京都労演だけ。ぜひこの機会に[TEL.075-231-3730 FAX.075-211-7855]


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

ピーターと狼@アルティ/終演

京都アルティ合奏団第4回公演、無事終わりました。実は、初日に私がセリフを飛ばすというミスをしてしまい、皆さんにご迷惑をかけてしまいました。しかし、慌てず騒がす「待って」くださった演奏者の皆さんのお陰で窮地を脱することができました。いやぁ、皆さんさすがです、感謝。初日の後、編曲の西邑さんと台本の森嶋さんと、『賢治の幻想』の時に出演していて今回観に来たSさんと4人で飲みに行き、さらに楽しい演奏会にするためのアイデアを出し合いました。2ステージ目は随所に「小ネタ」が増え、しかもブッツケ本番...ウケて良かった! お客様方も肩の力を抜いて楽しんで戴けたようで、ステージ上の私たちも楽しい気分で本番を終えることができました。生のステージはやはりお客様方との「呼吸」が面白いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

いよいよ『ピーターと狼』

結構多くの新聞に紹介記事が載りました(毎日新聞ならこんな風に)。演る方もお客様と一緒に楽しむ演奏会です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

ピーターと狼[京都アルティ合奏団]

ブログ「中田−計画」をご覧の皆様ありがとうございます。本年もよろしくお願いします。

さて、2012年の舞台初めは『兵士の物語』が好評だった「京都アルティ合奏団」の第4回公演です。私は『ピーターと狼』という曲で語り手として出演します。この曲はS・プロコフィエフがロシアの民話をもとに「子供のための交響的物語」として作曲したもので、ディズニーもアニメ化しているとてもポピュラーな作品です。小鳥やアヒル、猫といった動物たちの動きを音楽で表現しながら物語が進んでいきます。演奏者も素晴らしい方達ばかり。ご予約・ご来場お待ち申し上げます。

京都アルティ合奏団第4回公演

日時:2012年1月21日[土]19:00 22日[日]17:00
料金:一般3,000円 大学生・65歳以上2,000円
     小・中高生1,000円(当日各500円増)
お問合せ:府民ホール 075-441-1414

【プログラム】
「ピーターと狼」
 S・プロコフィエフ作曲  西邑由記子編曲
 台本/森嶋也砂子  語り/中田達幸 
 演奏/ヴァイオリン:石上真由子、山本裕樹  ヴィオラ:米田 舞  チェロ:雨田一孝  コントラバス:神吉 正  クラリネット:上田 希  トランペット:早坂宏明  ホルン:村上 哲  トロンボーン:呉 信一  打楽器:宮本妥子  ピアノ:船橋美穂

「ブランデンブルク協奏曲 第三番」
 J.S.バッハ作曲  エルガー・ハワース編曲
「ロンドンの小景」
 ゴードン・ラングフォード作曲
 演奏/トランペット:早坂宏明、末岡希和子、西村清志、松村彩子  ホルン:村上 哲  トロンボーン:呉 信一、滝田姫子、仁科美咲、寺谷 糧  チューバ:安藤輝明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »