« 9月スタート猛残暑 | トップページ | 9月も終盤 »

2010年9月16日 (木)

唄う日々

合宿はヘトヘトになるほどに稽古しましたよ。いや、私がヘトヘトになってどうするねん、て感じですが…。歌の指導に来て戴いたM子さんが、とても素敵でした。彼女の指導の元、腹筋使いまくりで、ガツンガツンとアクセント効かして歌うと、気持ちがいいは、汗はかくわ、猛暑で危険やわ…稽古を早めに切り上げた程です。歌手って、こんなことしてたのか!?
それにしても、カッコイイ曲を作って戴きました。拙い自作の詞ですが、みんな頑張って唱っておくれよ。もちろん、演技もね。(私は、台本を上げなきゃね…)  稽古日誌ブログ

|

« 9月スタート猛残暑 | トップページ | 9月も終盤 »

コメント

やはり体全体(足裏から)で唄うことなのではないでしょうか。和田アキ子さんや美空ひばりさんを改めて尊敬します。

投稿: TATSU | 2010年9月19日 (日) 15時07分

こちらこそです。どうして自分が(以前から)ここまでムキになるのか考えていたら、どうも「裏声=×」と言っているように聞こえるからで、でも、そんなはずはないので、だから、たっちゃんの言う「裏声」は、なんのことなのか知りたかったのだと思います。なので今回のお返事で納得です。そしてその点は同感です。
朗読教室に通っていて、「意識して」と言われることは、歌を歌っていたときに指揮者に言われていたことと、まったく同じなのです。
高い声で歌いながら、言葉や気持ちを前に出すことは「できる」と思っていて、朗読教室で得たことを生かして歌を歌ってみることを試したい、と今、私は思っています。

投稿: pega | 2010年9月18日 (土) 21時38分

すみません…私が歌声(特に女声)のことを詳しく知らないままに、自身の理想を書いているものですから。結局、「頭の上に抜けていく声」は「届かない」ということが言いたいようです、私。高い音を出しながら声を前に出す…難しいことなのかもしれませんが、そうやってもらえると、合唱の世界も面白くなると思うのに、と。

投稿: tatsu | 2010年9月18日 (土) 09時00分

うわあ、止まらない^^;
「曲による」のではなく、「歌い方による」と思います。裏声の定義をきちんとしないと空論になってしまいそうですが、古い話で恐縮ですが、ニセ姫の声は裏声でしたし、ホントの姫は裏声が出せずに、高い音は歌えなかった。
私の場合でも、境目は「シ」の音なのですが、それより上は「地声で歌え」と言われても不可能。同じ地声でも、普通に話す声と、舞台の上から客席の一番後ろに届く声は違うと思うのですが、お芝居ではそれはどう表現しているのですか?(腹筋を使った地声?)多少なりとも響かせている要素はないのですか?
歌は「響きが大事」と言われます。でも、響いているだけで、言葉の届かない歌は×だと思うし(かなり多い…)、裏声であっても、きちんと言葉を大切にして歌えば、「気持ちよくない」ものにはならないのではないか、と思うのですが…。
ただ、地声で歌い続けると、声帯に負担がかかり、声がつぶれたりするのですが、その地声と、たっちゃんのいう地声は別物ですか?

投稿: pega | 2010年9月18日 (土) 01時42分

pegaさん、ありがとうございます。勉強になります。しかし、まさに「クラシック(古い)」だと思いました。セリフは唱うように、歌は語るように…と、いう言葉があります。裏声で語られて、気持ちいいでしょうか。少なくとも、私は気持ち良くないです。もちろん、「曲による」ということがあるでしょうけど。

投稿: TATSU | 2010年9月18日 (土) 01時01分

たびたびですみません。
そうか! そこが違うのですね。
女性は地声では「歌わない」のです。でも調べれば調べるほどその辺はややこしいのですが、クラッシックの女性はほとんど裏声で歌っているとのことです。

asahi.comの「裏声(うらごえ)は地声(じごえ)とどう違(ちが)う?」
http://www.asahi.com/edu/nie/tamate/kiji/TKY200609190159.html

男性とは声の出し方が違うのは知っていましたが、こんなふうに違うのだとは知りませんでした^^;

「一人で立つ」というのと「感情をおとさずに歌う」のは、とっても共感します^^

投稿: pega | 2010年9月17日 (金) 20時47分

pegaさん、コメントありがとうございます。

「腹筋で地声で」ということでは同じだと思います。そして「(合唱の中にあっても)一人で立つ」ということが大事だとも思います。演出の目線としては「音階の正確さよりも歌詞に対する感情を落とさずに唱う」ということを意識していますネ。

投稿: TATSU | 2010年9月17日 (金) 09時33分

歌いまくりで、むっちゃ気持ち良さそうですね^^ お芝居の声の出し方と歌の声の出し方は、違うような同じなような。同じと思うと違うし、違うと思うと同じだし…。でも、「歌手ってこんなことしてたのか」とたっちゃんが言うくらいなら、やっぱり違うのか^^;と思ったり。

投稿: pega | 2010年9月17日 (金) 07時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179910/49471215

この記事へのトラックバック一覧です: 唄う日々:

« 9月スタート猛残暑 | トップページ | 9月も終盤 »