« 沖縄×坂手作品を読もう | トップページ | 朗読劇『銀河鉄道の夜』 8/12-14 »

2010年6月30日 (水)

妙蓮寺・肝苦りさぁ沖縄

沖縄には“かわいそうに”という同情を表す言葉はなく、代わりに「肝苦りさぁ(ちむぐりさぁ)」と言うそうです。その人の痛みや哀しみを客観的に捉えるのではなく、その人の内側に入り込み、感じる、そして肝が苦しくなる...肝苦りさぁ...。
今、沖縄が抱える痛みや哀しみは、矛盾と不合理が集中しているせいだ。その原点はあの戦争にある。本土決戦の為の「捨て石」とされながら「お國のために」と戦い、逃げ惑い、亡くなっていった方々...。その体験記録を語ります。三線(さんしん・沖縄三味線)の響きを聞きながら、語り手たちと共にあなたの「肝」に問いかけてみてください。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
まぶいの会・京都/岡部伊都子さんの三回忌に寄せて

語りと唄・三線による構成
『肝苦りさぁ沖縄
 −ふたつの壕・松代大本営と沖縄の−』

日時:7月24日(土)18:30- 25日(日)11:00-
会場:妙蓮寺 表書院(京都市バス「堀川寺之内」西入ル)
料金:一般2,000円/大学生以下1,500円
  (各回定員80名・御予約をお願いします)
問合せ:TEL./FAX.075-752-1165(金谷)

|

« 沖縄×坂手作品を読もう | トップページ | 朗読劇『銀河鉄道の夜』 8/12-14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179910/48756448

この記事へのトラックバック一覧です: 妙蓮寺・肝苦りさぁ沖縄:

« 沖縄×坂手作品を読もう | トップページ | 朗読劇『銀河鉄道の夜』 8/12-14 »