« 多神教 ラスト2ステージ | トップページ | 沖縄×坂手作品を読もう »

2010年6月 2日 (水)

6月は沖縄に思いを馳せ

先月は遊劇体の連日稽古と7ステージの本番、さらに29日の初落語まで駆け抜けた感じです(RUNはすっかりサボってます...)。さて、6月になり少しは落ち着きました。近所の螢も楽しんでいます。が、気付けば次の本番まで2週間余り!? しかも、何かと話題になっている「沖縄」。毎年続けている『肝苦りさぁ沖縄』で、2回目の沖縄行きです。今年で14回目となる「戦争遺跡保存全国シンポジウム」が今年は沖縄の南風原で開催されるのですが、その「プレイベント」という形で6/18の19時から南風原町中央公民館で上演いたします。その翌日には(まさに今話題の!!)名護でも上演します。沖縄にお知り合いの方がおられましたら、告知して戴ければ幸甚です。さらに、下記の通り帰京公演も行います。一昨年の京都公演はチケット完売となったこともあり、ご覧戴ける方はお早めに御予約を!!

--------------------------------------------
語りと唄・三線とによる構成
『肝苦りさぁ沖縄』(ちむぐりさぁうちなあ)

沖縄戦の体験記録と岡部伊都子さんの随筆を構成し、三線の演奏を交えながら、人々の思いを「語る」。そして、幻の大本営といわれる「松代大地下壕」と沖縄の「自然壕」との対比から透けてくる戦争指揮者の思惑...沖縄の、いや民衆の、無念悲願に私達は今こそ耳を傾けるべき時ではないでしょうか...肝苦りさぁ...

7月24日(土)18時半/25日(日)11時
大本山妙蓮寺・表書院
(市バス「堀川寺ノ内」より徒歩3分
 地下鉄「今出川」より徒歩20分)

日時指定予約制:大人2,000円、大学生以下1,500円
お問合せ:まぶいの会・京都 075-982-8770

|

« 多神教 ラスト2ステージ | トップページ | 沖縄×坂手作品を読もう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179910/48521505

この記事へのトラックバック一覧です: 6月は沖縄に思いを馳せ:

« 多神教 ラスト2ステージ | トップページ | 沖縄×坂手作品を読もう »