« なんとか四万十完走記-1 | トップページ | なんとか四万十完走記-完 »

2009年10月29日 (木)

なんとか四万十完走記-2

ようやく62kmレストステーション「カヌー館」に着いた。応援隊が出迎えてくれる「遅いー!」。はいはい、お待たせしましたね。ツアーメンバーで私の後ろにいるのはブラインドランナーのSさんだけだろうな。受付に預けていた荷物を受取る。芝生に腰を下ろし両膝のテーピングをやり直す。エネルギー補給。靴下を履き替えて…とやっていると応援隊の声「じゃ、私設エイドのお手伝い行ってくるし」。彼女達は自転車で約18km先へ。「(他のメンバーのゴールを見届ける為に)15:30位までしかいないから、それまでに来てよー」…現在13:15…「無理!」と見送る。昨年はこのレストステーションで27分滞留していた。さて、今年は20分位で…と思っていたが、おにぎりと御味噌汁を食し「さぁ行こう」と時計を見ると滞留時間29分!?
走り出してすぐに「トイレご利用ください」と書いた建設事務所(だったと思う)があり、レストステーションのトイレは混んでいるだろうからとパスしていたので、こちらを借りる。手を洗っていると聞き覚えのある声がした。コース上に目を遣るとブラインドのSさん&後半伴走のKさんだ。軽快なペース。余裕でゴールだろうなぁ。追い付きそうにないので、敢えて声をかけずに見送った。これで、ツアーメンバーの最下位か(実はもう一人Mさんがいたことをゴール後に知る)。29分の休憩が身体に「もうやめようよ」というサインを送っているのだろう、ペースは落ちる一方。そして歩きが混じってきた…練習不足の日々を悔やむ。

やっぱり無理なのか…歩き続ける…次の関門は71.5km(15:41)…まだ時間がある、走ろう、身体が重い、後続に次々と抜かれていく。もはやキロ9分ペース。とりあえず関門を越えた。残りは28km、制限時間まで4時間23分30秒…キロ9分24秒平均!? この状態でそんなことが可能なのか??? まだ関門も3つ残っている。しかも最終関門94.2km(18:47)をギリギリで越えたとしても、そこからキロ7分25秒ペースで走らないと「制限時間14時間」に間に合わない…7分25秒…あり得ない。こうなったら、もう無理はせずに歩き続けて足切りを受けた所で回収バスに乗ろう。誰だ「ランニングが身体に良い」なんて言った奴は!? めっちゃ「身体に悪い」ぞ! …どうしようもない「負のスパイラル」…歩き続ける。73km-74km間は15分近くかかった。ここからキロ9分15秒平均でないと……無理…無理…無理…………………………………………………………………………「ムカつく!!」そんなマイナス思考の塊になった自身にムカついた。俺は誰だ? 役者だ、演出家だ。カッコよくなくちゃならん。ヒーローでなければならん。直接の声やメールやFAXで応援してくれた人達がいるんだぞ。何より、今日のゴールを見届ける為に四万十まで来てくれた人達がいるんだぞ。俺は何をしてるんだ。走る仲間が同じように完走を目指しているんだぞ。走りたくても走れない人達がいるんだぞ。おれの足はまだ動くじゃないか。抽選に落ちた人達の気持を考えろ。まだ足切りをくらったわけじゃない。バスに回収されたわけじゃない。14時間を越えたっていいじゃないか。「記録ナシ」になったっていい、とにかく最終関門を越えよう。ゴールでみんなが待っていてくれる!!!!! 自身に鞭を入れる「走れ!」
驚いたことにキロ7分台で走れた。またすぐに8分台に落ちたが、気持ちはプラス「まだ終わっていない」。第5関門通過。80km地点で10時間52分。再計算…あと3時間8分で20km…キロ9分24秒平均…最終関門は越えられる…キロ9分位で走り続ければ制限時間内ゴールもできる。さらに気持ちが前を向く。しかも、もうすぐ「私設エイド」だ。もうビールを飲むことは不可能かと思ってたけど、少しだけ時間はある。「飲むぞ!」元気が出た。と、ここで軽快に走るランナーに抜かされた。見慣れた赤いウェアにサングラスにヘアバンド…「Tさん!!」。Sさんの前半62km伴走を終えたSさんが残りの距離を走っていた。「おぉ、余裕で関門通過やね」「いいえ、マジでギリギリです。さっきまで歩いてました」「そうか? 走りは大丈夫そうやん」「なんとか復活しました。ビール飲む時間もあります」「よーし、エイド目指そう」「ハイ!」しばらく並走したが、ジリジリと離されていった。焦りはない。あと200M、エイドでまた会える! 16:30をまわっているから応援隊には会えないだろうけど、ゴールしてみせるからな!

---続く---

|

« なんとか四万十完走記-1 | トップページ | なんとか四万十完走記-完 »

コメント

うんうん、かっこ良いですよ。

 そう みんなゴール目指して頑張っている しんどいのは自分だけじゃない って
ずーっと思っていました。

 続き 楽しみです。

投稿: キャサリン | 2009年10月29日 (木) 23時25分

すごい! 
カッコいいです^^
60~80kmでそんなドラマがあったなんて。(去年のも含めて)今までの完走記で、一番感動しました。

投稿: pega | 2009年10月29日 (木) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179910/46613351

この記事へのトラックバック一覧です: なんとか四万十完走記-2:

« なんとか四万十完走記-1 | トップページ | なんとか四万十完走記-完 »