« 薄氷完走-四万十川100km | トップページ | なんとか四万十完走記-2 »

2009年10月26日 (月)

なんとか四万十完走記-1

一人芝居『斬念』を5月に上演し、大きなミッションをクリアしたことから、すっかり気が弛んだようで。「狸」「山科醍醐」などの稽古を言い訳に練習を随分サボっておりました。昨年は結構走り込んだ上で13時間29分で完走しましたが、果たして制限時間14時間でゴールできるのか…。
昨年も参加して、とても楽しかった「プライベートバスツアー=キメラ号」に参加。Mりもさん、Tけしたさん、t姐さんをはじめとするランナー15名と、Kメラさんをはじめとする応援者4名(うち3名は私が誘ったメンバー)で梅田をAM7:00発つ。車中の自己紹介でかなり練習不足であることを表明すると「去年も走れてるんやし、大丈夫や」というTけしたさん。この言葉に少し緊張がほぐれました。その夜の宴では、昨年もお世話になった80km過ぎの「お祭りエイド(=私設エイド)」のKさんも駆け付けてくださり、昨年の感動が蘇りました。応援隊も「私設エイドで手伝い参加」ということになり、「なんとしても私設エイドには辿り着かねば」という思いを強くしました。21時に床に着くものの、寝付かれないまま3時起床。バスに乗り込み、朝食を摂りながら「とにかく走るしかない」と不安を抑え込みながら…AM5:30号砲!

周りの流れに乗って走っていると、キロ7分を切るペース。冷静に考えれば「速過ぎ」なのだが、身体がそんなにしんどくなかったし、後半にタイムが大きく落ちることを考慮して「行けるところまで引っ張ってみよう」と快走。10km辺りから登り坂になり、頂上に近い16km付近から8分台まで落ちるが、22kmの頂上を過ぎれば下りになる。昨年はここでギアを上げたが、今年は慎重にペースコントロールして走る。下りきり、32km辺りから四万十川沿いに出た。ここまで3時間43分(キロ7分平均)…昨年はここかしこで写真を撮りながら走ったが、今年はそんな余裕はナシ。淡々と前進し続ける。昨年は川へ出た時に陽射しが強かったが、今年は曇り空。時折り強くはなるが、常にほどよい風が吹いていて、まさに「ウルトラ日和」。完走できなかった時に天候を言い訳にできない状況だ。
40kmの辺りでMりもさんに追い付かれる。というか、とっくに前を走っていると思っていたが、トイレに並んでいるうちに後ろの方になったらしい。そして意外なことを教えて下さった…「さっきの橋を過ぎたところに“中田達幸ガンバレ!”っていう横断幕を出してる人達がいたけど、会うた?」。え!? 全く気が付いていなかった。「私が通った時の直前に来はったみたいやったわ。“会いましたか”て声を掛けたら“いいえ”て言わはったし、“もう先に行ってしまってるかもしれませんね”とは言うといたけど」。…さて、どなただったのでしょうか。大変失礼をいたしました。このブログをお読み戴いてたら、お知らせくださいませ。
Mりもさんは快調なペースで前へ。あっという間に見えなくなりました。私はといえば、昨年同様、右膝が悲鳴を上げ始めていました。ツアーで一緒のjさんと並走となり、話しをしながら痛みを散らしていましたが、それも無理が効かなくなってきて「ちょっとテーピングしますわ」と言って先に行ってもらった。何度もやり直してみたが、気安め程度の効果しかなかった。とにかく進もう。
沈下橋でも写真を撮らずに黙々と通過。54km辺りにもう一つ山がある。初めの山が大きい割にこちらはあっという間に終わるのだが、結構な急坂。昨年は意地で走って登ったが、歩いても結果的にはさして変わらないということを思い知ったので、歩く。気が軽くなる。下りきって「さぁ」とまた走り出す。広大な四万十川の風景を「思い出したように」見て走る。でも昨年のような感動はない、何しろ余裕がないからだ。今年もやはり「62km地点=レストステーション」までの3kmが遥か遠くに感じる…。

---続く---

|

« 薄氷完走-四万十川100km | トップページ | なんとか四万十完走記-2 »

コメント

その日、10時半に起きたら既に40km地点を通過していて、快調な早いペースだなぁと思ってました~。四万十のHPには、バーチャルコース案内などあったので、結構家でも楽しんでました。
 後半、膝の痛みを押しての大変な道のりだったのですね。が、最後の20kmのびっくりするペース!後半のレポートも楽しみにしています。

投稿: めぐむ | 2009年10月28日 (水) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179910/46586899

この記事へのトラックバック一覧です: なんとか四万十完走記-1:

« 薄氷完走-四万十川100km | トップページ | なんとか四万十完走記-2 »