« 山科醍醐創作劇プレ-8/22 | トップページ | いよいよ本番! 茶釜狸 »

2009年8月27日 (木)

9/3-6『茶釜狸、秋の夜長に…』

先日の『ちょっと2あした』は好評のうちにあっという間(11分間の作品でした...)のうちに終わりました。終演後は四ノ宮祭(六地蔵巡り)で賑わうお地蔵様に御参りしてきました。
さて、気付けば来週に迫った『阿部達雄ひとり芝居「茶釜狸、秋の夜長に大和屋善四郎に遭ふこと」』の本番。一人芝居なのですが、私も黒子姿で共演(?)しています。この作品は猫会議朗読公演の作者としてお馴染み、森嶋也砂子の書き下ろし。私も初めて読んだ時「いいなぁ...」と思いましたが、なんと「第18回紫式部文化賞選考委員特別賞」を受賞しました。

今は昔、桃山時代の物語。小さな部屋に一人の男が縛められている。その正体は一匹の「狸」で、かつては、茶釜に化けてお寺に参詣する人々に茶釜踊りを披露したり、人間の姿に化けて寺男をしながら過ごしていた。だが、ある時以来、この「ひとのかたち」が解けなくなってしまっている。そこへ太閤秀吉より「茶釜に化けろ」という命令が下り、捕われてしまったのだ。元の「狸」の姿にも戻れず「茶釜」にも化けられない苦悩。彼の耳に聞こえてくるのは、賑やかな鼓の音と、忘れられない「旦那さま」の優しい声だった…。

というストーリーです。もっとも狸の似合う役者=阿部達雄が、一匹の愛おしき魂を演じきります。また、スタッフワークは照明に森田智子、音響効果に黒田治という、『斬念』『ウィッシュリスト』コンビ。さらに、青木勉による舞台美術も見どころです。

猫会議公演
阿部達雄ひとり芝居「茶釜狸、秋の夜長に大和屋善四郎に遭ふこと」
作:森嶋也砂子  演出:飛鳥井かゞり
出演:阿部達雄 中田達幸
日時:9月3日(木)19:30、4日(金)19:30、
    5日(土)14:00/19:00、6日(日)14:00
会場:人間座スタジオ(京都市左京区下鴨東高木町11)
    TEL.075-721-4763
問合せ:jack_zero@k.vodafone.ne.jp(阿部)
    TEL.&FAX.075-722-1813(ナカタ)
猫会議URL:http://www.k4.dion.ne.jp/~a.kagari/

秋の夜長に、人と動物との心の交流が、「優しく」「楽しく」そして「せつなく」描き出されます。御予約・御来場お待ちしております。

|

« 山科醍醐創作劇プレ-8/22 | トップページ | いよいよ本番! 茶釜狸 »

コメント

さすが作者
「お間抜けに染みていくいい話」
的を得てますネ

投稿: tatsu-kitsune | 2009年9月 3日 (木) 00時37分

はっっ!
狸、今週なのでは!?
観に行かねば。
もしかしたら受付けなくては。
ああっ、私が緊張してきました。
会場で私をみかけたらお気軽にお声をおかけください。うろうろ、またはおろおろしています。
いや、お間抜けに染みていくいい話なんですよ、ほんとに。
ねっ。

投稿: モリー・ナリー | 2009年9月 1日 (火) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179910/46047623

この記事へのトラックバック一覧です: 9/3-6『茶釜狸、秋の夜長に…』:

« 山科醍醐創作劇プレ-8/22 | トップページ | いよいよ本番! 茶釜狸 »