« 鞍馬山ハイキングはいかが? | トップページ | 四万十100km完走記[4] »

2008年11月 5日 (水)

四万十100km完走記[3]

【ドキドキ&ワクワク】
そして朝が来た。荷物の最終チェックだ。今大会では、62kmのレストステーション(カヌー館)とゴール地点に自分の荷物を預かってもらえる。ゴール地点へは着替え等を、カヌー館へは液体鎮痛消炎剤(塗るやつです)やアミノゼリー等のエネルギー補給食を預けることにしている。荷物を確認し、マメ防止の為にワセリンを塗ったり、弱点の膝へのテーピングなど、細々とやっているうちにあっという間に集合時刻になった。バスに乗り込み、ホテルが用意してくれた朝食弁当を受け取った。4時出発。早速、お弁当を戴く。他のメンバーの顔にも昨日とは違う緊張感が表れている。私の隣にはI夫妻。旦那さんが今回初の100kmに挑戦される。奥様はカヌー館で自転車を借り、沿道の何ケ所かで応援される予定だ。後ろには「10時間切り」を宣言していたPくん。サッカージャージ(!?)で走るようだ。その隣に、このブログでもお馴染みのMりもさん。私より少しお姉さん。昨年の福知山マラソンでは終盤に逆転させてもらった。彼女も初100kmだが、タイムはいい勝負になると思う…ライバル視。私の前にはピンクの鉢巻で気合いを入れているSちゃん。3?歳の可愛らしい女性だ。100kmどころかフルマラソン以上の距離を走るのは初めてとのこと。初対面なので走力は未知数だが、彼女には負けたくないなぁ。その隣のOさんは40歳代の男性、Sちゃんと連れ立ってのツアー参加者だ。さらに隣のTさんは50歳代の女性。その前にT姐さん。初100kmだそうだが、この方が速いことは知っている。その隣の神戸から乗ってこられたSさんは40歳代の男性。そして、70歳のブラインドランナーMさん。その伴走者として、カヌー館までの前半を40歳代(?)の男性Nさん、後半を40歳代(?)の女性Uさんがそれぞれ担当する。1番前に座っているのは陽気な四万十ウルトラマスターの50歳代男性Tしたさん。その隣にバスツアー幹事であるKさんが「ゴール後はBEERを用意して待ってますから」と激励してくれる。かつては御本人も100kmに出場していたそうだが、近年は応援専門とのこと。

Photo【そして…スタート!】
夜明け前の町は暗い。しかし、スタート会場である蕨岡中学校はライトアップと松明の明かりでランナー達を待っていてくれた。太鼓の音が響いている。まさしく鼓舞される思い。ランナーに混じって、Kッシーさんが蛍光イエローの目立つジャケットに「盛り上げ隊」というたすきを掛け、笑顔で立っていた。激励を受ける。荷物を預け、トイレに並びながらストレッチ。トイレを済ませ、スタート地点へ移動する。1,400名余りが並ぶ中、バスメンバーは中盤に集まった。T姐さんやTしたさんが写真を撮っている。この2人のペースには到底追い付けないだろうし、この辺りに陣取っている参加者のペースにも追いつけないだろうなぁ。なんて思いながらも笑顔になっている私。ウェストバッグには携帯電話。写真を撮ったり、ブログの掲示板に書き込んだりしながら、今日は丸一日走って楽しむのだ。5:30スターーート!! 拍手をしながらゆっくりと走り出す。スタートラインを越えると少しスピードアップ。ふと前を向けばバスメンバーの背中が遠去かっていく。慌てず私は抑えながら走る。何しろ100kmは長い。夜明け前のコースを街灯や車のヘッドライト、さらにはロウソクの灯で照らして戴いている。独特の雰囲気だ。ボランティアスタッフの方々や沿道の声援、さらに各家の中から手を振ってくださる方々…「いってらっしゃーい!!」…ありがとうございます「いってきまーす!!」。

--「峠600m超編」へ続く--

P.S. 11/6(木)22:00よりNHK総合「見えないことは不幸じゃない ~全盲夫婦の夢と子育て~」という全盲のマラソン・ランナー福原良英さん夫妻のドキュメント番組があります。今回の四万十ウルトラの様子も映し出されるらしいので、レースの雰囲気を少し楽しんで戴けると思います。

|

« 鞍馬山ハイキングはいかが? | トップページ | 四万十100km完走記[4] »

コメント

今晩は 来年も行くやろ?
ウルトラは 四万十は2年目以降が
ホンマに楽しめると思いますよん。
ではでは

投稿: たけした | 2008年11月10日 (月) 23時34分

たけしたさま

はい、やっと「本編」です。他の方々のブログではすっかり「完結」しておられますが...皆様ものんびりお付き合いくださいネ。

>K氏は私達がむりやりお願いしたので 
>来てくださったんですわ。
→ありゃ、そうだったのですか!? 来年は私も「お願い」しなきゃ。

投稿: tatsu/mikage-bashi | 2008年11月 6日 (木) 23時52分

いよいよ本論か?


ちなみに K氏は私達がむりやり
お願いしたので 来てくださったんですわ。
(苦笑;)

投稿: たけした | 2008年11月 6日 (木) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179910/43014613

この記事へのトラックバック一覧です: 四万十100km完走記[3]:

« 鞍馬山ハイキングはいかが? | トップページ | 四万十100km完走記[4] »