« 四万十からただいま | トップページ | 四万十100km完走記[2] »

2008年10月24日 (金)

四万十100km完走記[1]

…ということで連載開始です!

Photo【前日・日の出前】
午前4時、目覚ましが鳴る。少し重い頭でパンを焼いたり、荷物の最終チェックをしたり。5時過ぎ、外へ出る。まだ真っ暗。AM5:22の電車に乗り込み、梅田を目指す。明日は100kmを走る…不思議だ。
思い起こせば、昨年4月に「日本100マイルクラブ」主催の『嵐山-箕面54kmマラニック』に参加したことが始まりだろう。この日初めてフル以上の距離を踏んだのだが、他の参加者達は100kmどころか200km・300kmの大会に出ているような猛者ばかりだった。色んな話を聞いているうちに「40歳までに100kmマラソンを走ってみたい」という思いにかられてしまった。そして今年になって「6時間51km走」「和歌山港-海遊館90km」に挑戦し、その勢いで『四万十川ウルトラマラソン』に応募してしまったのだ。
梅田に着き、大阪駅前へ。そこに赤いバスが待っていた。走る仲間のネットコミュニティである「frun=エフラン」で恒例となっている「四万十ツアーバス」である。Kさんが幹事となって参加者を募り、チャーターバスで行くプライベートツアー。今回は男性7名と女性4名が100kmに出場。男性出場者の中に70歳のブラインド(盲人)ランナーがおられるので、その伴走者が男女各1名。そして応援者も男女各1名。合計15名。友達の友達は皆友達といった感じで、旧知の方も初めて会う方も和気藹々と高知を目指した。車内で自己紹介や、レースの話題など楽しく話しているうちに淡路島を抜け、四国入りを遂げ、香川でブランチ。入ったお店はKさんの手打ちうどんの師匠さんのお店。本場の讃岐うどんを温冷各1杯ずつ美味しく戴く。巨大なゲソ天を肴にBEERもゴキュッ!

Photo_2【初めての高知県】
ウトウトしているうちに高知県入りを果たしていた。やがて、海に出た。土佐の海だ。ついに岡田以蔵の地へ来た! 胸に込み上げるものを感じていた。しかし、今日のところは高知の町を歩くことはできない。来年5月までにまた来ようと思う。
須崎の道の駅でお土産購入タイム。そこで「生姜アイスクリン」なるものが…美味しかった。他にも色々変わった味がありましたよ。
いよいよ中村市街に入って来た。受付会場に向かっているらしいランナーの姿を多く見かけるようになっていた。

・・続く・・

|

« 四万十からただいま | トップページ | 四万十100km完走記[2] »

コメント

たけしたさん、コメントありがとうございます。「ちゃちゃ」だなんて...。でも、この完走記では「Tしたさん」として活躍して戴きますので、ご了承くださいませ。

投稿: tatsu | 2008年10月24日 (金) 16時17分

私もちゃちゃいれずに静かにしときますね~~~(笑)副幹事よりぃ

投稿: たけした | 2008年10月24日 (金) 16時02分

にこちゃんさん、コメントありがとうございます。ご期待にそえるよう更新していきますネ。

投稿: tatsu | 2008年10月24日 (金) 14時56分

完走おめでとうございます。
凄いです、とにかく凄いです、途中気持ちめげないのでしょうか。めげたらどう立て直すのかなぁ。長い完走記にヒントや答えがあるかな。いよいよ始まり楽しみです。

投稿: にこちゃん | 2008年10月24日 (金) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179910/42886156

この記事へのトラックバック一覧です: 四万十100km完走記[1]:

« 四万十からただいま | トップページ | 四万十100km完走記[2] »