« 初ウルトラ90km完走記[完] | トップページ | 創作の時間 »

2008年7月31日 (木)

戦争の残した爪痕-2人芝居

先日もお知らせした通り、このブログの可愛い住人「プラン君」と今日でお別れです。名残り惜しいですが、感謝を込めて…「今まで本当にありがとう!!」

そして「プラン君」を最も愛してくれたかもしれない“美津江猫"こと飛鳥井かゞりさんの公演が今週末にあります。

猫会議公演『父と暮せば』

作/井上ひさし  演出/右来左往
出演/飛鳥井かゞり・谷田昌蔵
8月2日(土)18:30開演 3日(日)14:00開演 
於/京都府立文化芸術会館[ホール]
料金/前売=3,000円 当日=3,500円 高校生以下=1,000円
お問合せ・お申し込み
 =猫会議 飛鳥井かゞり(kagari.a@s8.dion.ne.jp)まで

広島原爆投下から3年後の、父と娘の4日間。
あの日の朝、瓦礫の下敷きになって、生きながら焼け死ななければならなかった父・竹造。為すすべもなく父を置き去りにして逃げなければならなかった娘・美津江。
—「むごいのう、ひどいのう、なひてこがあして別れにゃいけんのかいのう」「あよなむごい別れがまこと何万もあったちゅうことを覚えてもろうために生かされとるんじゃ」—
井上ひさしさんはこの父娘の姿に、言葉に、戦争で死んでいった多くの人々の思いと、自らのメッセージを込めています。この作品は、戦争が人にいかに大きな悲しみと傷痕を残すかを見事に描きながら、単なる戦争忘れまじの芝居ではなく、その時確かに生きていた人々の想いと、大きな愛を描いています。

宮沢りえさん主演の映画にもなりましたが、やはり元祖は舞台劇です。私もとても好きな芝居ですので、この機会にどうぞ御覧くださいませ!

|

« 初ウルトラ90km完走記[完] | トップページ | 創作の時間 »

コメント

モリー・ナリーさん、コメントおおきに。美津江猫さん、おつかれさまでした。2ステージとも大入り満員(楽日は補助席も出されたとのこと)で、良かったですね。これも人望のなせる業でしょうか。次は若州人形座の稽古が控えているとのことですが、とりあえず一息ついてくださいませ。

投稿: tatsu | 2008年8月 4日 (月) 10時41分

 携帯電話の料金請求が心配でしたが、勇気をもってここまできました。web初体験です。
 今日、「父と暮せば」仕込みにおジャマしてきました。舞台の上は情熱と職人技で彩られて、すでにアツかったです。すばらしい本番の予感。そして感動の予感。

 末尾になってしまいましたが中田さん、お元気そうで何よりです。
m(__)m

投稿: モリー・ナリー | 2008年8月 1日 (金) 11時58分

宣伝ありがとうございます。
そして、プラン君、ほんとに今までありがとうheart01
とても寂しいですsweat02
プラン君と一緒に遊んだカートやら、
キリ番ゲットして、プラン君に祝ってもらったことやら。。。sad
むごいのう、ひどいのう。。。
またきっとどこかで! ねっcat

投稿: 美津江猫 | 2008年7月31日 (木) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179910/42017361

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争の残した爪痕-2人芝居:

« 初ウルトラ90km完走記[完] | トップページ | 創作の時間 »