« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月30日 (金)

「創作劇WS編-発表公演」@山科

Ws_41月からスタートしていた「山科醍醐こどもの創作劇[ワークショップ編]」。小学1年生から60歳代まで約30名でワークショップを重ねてきました。その発表公演を下記の要項で上演します。(左の写真は京都新聞に載った記事より)

タイトル:『ぼくらはみんな生きている』

概略:テレビもケータイもない森の中で
   動物たちはどんな遊びをしてるだろう?
   どんな生活してるだろう?
   みんなでアイデアを出しあってつくったおしばいです
日時:6月8日(日)12:00〜13:00
会場:京都市東部文化会館
   (地下鉄東西線「椥辻」駅1番出口より徒歩8分)
料金:無料

「森の中」というテーマから、大人も子供も一緒になった4つのチームにそれぞれ短いストーリーを創ってもらっています。どのチームも素晴らしい発想で、私は構成・演出という立場ですが、ただ笑顔で稽古を観ているといった感じです。仕事といえば、なんとか時間内に納めることぐらいかと。よろしければお立ち寄りください。(「子どもの文化フォーラム」という催しの一環です。当日[11:00-16:45]、同会場では他にも楽しめるイベントをやっています。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

ミッドナイト・ラン[練習第1弾]

先週の土曜日は8名で「比叡山」に走りに行きました。天気予報では雨だったのですが、10時時点ではまだだったので決行! 出町柳からスタートして北白川仕伏町にある日本バプテスト病院から山へ。以前、瓜生山を登ろうとして道に迷ったことがあったのですが、比叡山方面の道標は分かりやすかった。11時半ぐらいから雨が降り出したが、きつくならないうちにケーブル比叡へ到着。軽くお腹を満たし、ケーブルと叡電を乗り継ぎ下山した。天候さえ良ければ、大原方面に行く予定だったのですが、いつか再チャレンジということになりました。

さて、その3日前、水曜日の深夜11:30から1時間半ほど走りました。片手にライトを持って、走り慣れた鴨川を上賀茂神社目指し北上、街灯や車の明かりはあるのですが、視界の狭さと、夜間の緊張…だいぶゆっくりのペースとなりました。上賀茂神社から東へ。暗いところを走る練習がしたかったので、大田神社の前を経由。深夜に鳴り響く靴音…(ご近所の方々スミマセン)。まだ明るい。「よし、深泥池だ!」と進路を北へ。が、意外に明るくて残念。坂を登り、宝ヶ池通りを東へとり、上高野。南下して花園橋に来ると、交番のお巡りさんの目がちょっと気になりました。信号待ちをしていると、向こう側に深夜の女性の一人歩き。同年代か、少し上か?「あ、ランナーだ」とか言いながら傍へ来て、「どこを走ってきはったんですか? 私、元陸上部なんです。ちょっとジョギングコースの参考に」…なんだかよく分からないが、悪意は感じない。「出町柳から上賀茂神社へ行って…」「え?」「大田神社を通って…」「え? え!?」「宝ヶ池通りを通って来ました」「えーっ!!?? すごい、スゴイ!!」「そんなことないですよ、それじゃぁ」と別れた。この夜の走行距離は13km、全くもって驚くほどではないのですが、私を花園橋界隈の人だと思ったんでしょうね。

で、なぜそんな深夜に走ったのか…その理由は6月に入ってから発表しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

市民ミュージカル-出演者60名募集中

最近なんか色々やっております。その一つ。
“「あなた」+ミュージカル+時代劇=2009市民ミュージカル京都”と銘打ち、来年3月14-15日に府立文化芸術会館で本番を打つものです。タイトルは『時間旅行はいかが!?』というSFタッチ。時代劇にSFでミュージカル…そして憲法9条…!?。脚本・演出=高垣博也/ダンス・歌唱=ピーター・ゴライトリー。台本は結構面白いと思いますよ。

この企画の出演者募集が始まっています。全体の流れとしては…
◎6/28 or 29 or 7/6
 一日体験ミュージカル(兼オーディション)
◎7月-9月初旬
 ワークショップ(ダンス・歌・演技/月曜夜間・土曜昼)
◎9月-'09年3月
 稽古(週1回以上)
◎'09年3/14(土)-15(日) 本番
…となっています。私は演技ワークショップの講師を仰せつかっております。一日体験ミュージカルの演技部門も担当させて戴いております。

応募条件 15歳以上(中学生不可)
     練習に概ね参加できること
     経験は不問
参加費  一日体験 2,000円
     ワークショップ 15,000円
申込書取り寄せ・問合せ 2009市民ミュージカル京都実行委員会
     tel.075-231-3730/fax.211-7855(京都労演)
締切り  6/25必着

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

10分間の出演

明日13日(火)の19時から20時、府民ホールアルティで「デモンストレーション」というイベントがあります。アルティの舞台機構の見学会という内容で、演奏や歌の上演もあります。私は朗読で出演。谷川俊太郎さんの詩を読みます。入場無料。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

初挑戦6時間走

4/26(土)は6時間走のイベントに挑戦するべく堺市にある大泉緑地公園へ行った。
朝6時15分発の京阪電車に乗る。最寄駅到着はスタートの1時間前となるので、座席でできる準備はやっておこうと日焼け止めを塗ったり、テーピングのやり方を本で確認したり。大阪地下鉄への乗換えの合間には膝のテーピングもした。新金岡駅に到着。会場に着き受付を済ませると、足底にテーピング。6時間走への不安はこの足底筋膜炎と膝痛だ。アミノゼリーと水分を摂り、アップがてらトイレまで走ってみる。参加者数は9名で6時間走とフルがほぼ半数ずつ。
9時一斉スタート。序盤をキロ7分強で予定していた私はぶっちぎりのビリ。実際には6分40秒ペースだったが、かろうじて前の人の姿を追いながら走る。1時間を超え、1周約3kmのコースを3周強走った頃、トップの人(フルで参加の3時間41分でゴール)に抜かれた。早くも周回遅れ。3時間経ち、ペースの落ちた女性ランナー(フルで参加)に追い付く。エールを贈り、先行する。受付場所でもあるエイドで休憩する人も出始め、他の人達との差も縮まってきた。天気も良かったので、だいぶ暑くなるだろうと覚悟していたが、コース上には木陰も多く、時折いい風も吹いてくれる。木々の緑や大きな池、広い芝生に癒され、小さな子供たちの姿に和まされ、エイドで口にする飲食物と会話に励まされながら、キロ7分切りを保ち気持ち良く走っていた。が、4時間を迎える頃からペースが落ち始め、5時間を超えてからは足が重くなった。風で舞い上がる粉塵に「ハックション!」とクシャミをすれば、「ぬおーっっ」と腹筋に激痛が走る。「体幹を使えているのかな?」などとちょっと感心もしたが、クシャミと激痛はそのあと2度繰り返された。
…そして、17周でフィニッシュ。結果は5時間55分、51.3km。前半の調子では「18周いけるかも」と淡い期待もしたが…。参加したメンバーには翌日もロングを走るという人が数名いて、やはりまだまだ弱いということが身にしみた。(厳シイーッ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »