« 桂川ラン to 淀 | トップページ | 10分間の出演 »

2008年5月 2日 (金)

初挑戦6時間走

4/26(土)は6時間走のイベントに挑戦するべく堺市にある大泉緑地公園へ行った。
朝6時15分発の京阪電車に乗る。最寄駅到着はスタートの1時間前となるので、座席でできる準備はやっておこうと日焼け止めを塗ったり、テーピングのやり方を本で確認したり。大阪地下鉄への乗換えの合間には膝のテーピングもした。新金岡駅に到着。会場に着き受付を済ませると、足底にテーピング。6時間走への不安はこの足底筋膜炎と膝痛だ。アミノゼリーと水分を摂り、アップがてらトイレまで走ってみる。参加者数は9名で6時間走とフルがほぼ半数ずつ。
9時一斉スタート。序盤をキロ7分強で予定していた私はぶっちぎりのビリ。実際には6分40秒ペースだったが、かろうじて前の人の姿を追いながら走る。1時間を超え、1周約3kmのコースを3周強走った頃、トップの人(フルで参加の3時間41分でゴール)に抜かれた。早くも周回遅れ。3時間経ち、ペースの落ちた女性ランナー(フルで参加)に追い付く。エールを贈り、先行する。受付場所でもあるエイドで休憩する人も出始め、他の人達との差も縮まってきた。天気も良かったので、だいぶ暑くなるだろうと覚悟していたが、コース上には木陰も多く、時折いい風も吹いてくれる。木々の緑や大きな池、広い芝生に癒され、小さな子供たちの姿に和まされ、エイドで口にする飲食物と会話に励まされながら、キロ7分切りを保ち気持ち良く走っていた。が、4時間を迎える頃からペースが落ち始め、5時間を超えてからは足が重くなった。風で舞い上がる粉塵に「ハックション!」とクシャミをすれば、「ぬおーっっ」と腹筋に激痛が走る。「体幹を使えているのかな?」などとちょっと感心もしたが、クシャミと激痛はそのあと2度繰り返された。
…そして、17周でフィニッシュ。結果は5時間55分、51.3km。前半の調子では「18周いけるかも」と淡い期待もしたが…。参加したメンバーには翌日もロングを走るという人が数名いて、やはりまだまだ弱いということが身にしみた。(厳シイーッ!)

|

« 桂川ラン to 淀 | トップページ | 10分間の出演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179910/41064397

この記事へのトラックバック一覧です: 初挑戦6時間走:

« 桂川ラン to 淀 | トップページ | 10分間の出演 »