« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月21日 (月)

桂川ラン to 淀

19(土)は「桂川サイクリングロード」を淀まで走りました。正式名「八幡木津自転車道線」は嵐山から3/26の記事でも書いた“御幸橋”を経由し、木津まで延びる全長45kmの道です。劇団K芸の稽古場で友人が芝居をやるというので、それを観に走って行ったわけです(鴨川を下れば早く行けるものをわざわざ遠回りして嵐山を経由した理由は最後に記します)。膝と左足底にしっかりテーピングを施し、曇天の好天候ながらも日焼け対策の帽子とサングラス、そして着替えを入れたリュックを背負い、旅ランのごとき出で立ちで9時に高野川からスタート。北上し、松ヶ崎橋から西へ。北山大橋、佛教大学を通り、金閣寺、立命館大学。きぬかけの道は快走かと思っていたのですが、はじめに登らなきゃいけなかった。気持ち良く下り出し、大好きな龍安寺(10km地点)で1時間10分、順調。広沢池。嵐山駅前は桜のピークも過ぎて観光客数も落着いたような。渡月橋を渡りきり(16km地点)1時間51分。ここからサイクリングロードに入れば、ほぼ信号なしで快走できる。しかも南下なので、ゴールまでずーっと下りのはず。河川敷で憩う人々を眺めながら走りやすい舗装路をゆっくり快走。桂大橋も越え、JRの下をくぐり、久世橋が見えてきた時、向こうからとても速いランナーが近付いてきた。コーチらしき人が自転車で併走している、小柄な女性、挨拶の声をかけようかどうしようかと思いながら、距離を縮めていく… !!「野口みずき」さんだった!! 初めてナマ遭遇しました。無言で擦れ違い、振り返り、遠ざかる背中に「北京五輪がんばってください」と心の中でエールを送った。金メダリストもたゆまぬ努力をしているんだ、自分も頑張ろう、パワーを戴きました。久世橋(24.5km地点)2時間49分。と、調子良かったはずが、久我橋でミス。川沿いに直進したら中洲で行き止まってしまいました。東向こうにサイクリングロードが見えている…仕方なく引き返す…3km余分に走ってしまいました。東隣に流れる鴨川の京川橋(27km地点のはずが、30km地点に)を渡って3時間29分。南下し、程なく桂川に合流。羽束師橋を過ぎると競馬場が見えてくる。そして、宮前橋でゴール(35.5km)4時間5分。14時の本番の為に大慌てで着替えと昼食。劇団K芸に何とか3分前に滑り込んだ。

さて、何を思ってこんな遠回りランを敢行したかというと、26(土)に堺の大泉緑地公園で開催される「ペアRunフル&6時間in大泉」に向けての練習だったのです。約3kmの周回コースをソロで6時間走り続けます。50kmはいきたいのですが…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

府庁の枝垂れ桜&西山桜

公演情報と、ハイキングのお誘いです。
●12(土)13:30より京都府庁の旧本館で「源氏物語」を題材にした朗読劇『紫の上 月の露』が上演されます。西京区の朗読グループ「木もれ日」の公演です。演フェスの朗読公演に参加していたメンバーから演出を頼まれまして、何回か稽古をしてきました。原文を読むのではなく、瀬戸内氏・田辺氏の作品を参考にした現代語版ですから古典が苦手という方でもご安心を。もちろん動きあり、衣裳ありの観て楽しむ“朗読劇”となっています。今回は日仏交流150周年記念としてフランス語訳も入る特別バージョンです。入場無料お気軽に。(5月に京都文化博物館で平日昼にも上演されます)
●13(日)は西山ハイキング(走りません)です。京都労演の運営委員が中心ですが、労演会員でなくとも色んな方の参加大歓迎です。9時に阪急東向日駅集合で、バスに乗って善峰寺に行き、そこから山登り。金蔵寺で弁当を広げ、山桜花見。あとは下って下って、南春日からバスで東向日駅に戻るのが15時半前後。その後はオプションとして銭湯&宴あります。「参加しよう!」という方は、宴の予約のこともあるのでご一報をお願いします。VYB04610@nifty.com

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

山を走る贅沢[#2]

【続き】 ここまで来れば人とも出会うようになった。保津川下りをしている人達に手を振ったり、親子連れや観光グループらをゴボウ抜きしたり。そして最後の下りを爆走して愛宕鳥居前に戻ってきました。朝とはうって変わって人・人・人…。かき分けかき分け、京福嵐山に帰還。約35kmを無事踏破した。駅ロッカーに入れておいた荷物を取り出し、温泉へGO!! 「天山の湯」に到着したのは14:40。温冷を繰り返し、しっかり足をケア。風呂から上がり、今度は4人揃ってBeerで乾杯!!! さらに別行動で走っていたIエバンさんも合流し、5人で打ち上げました。
翌日の日曜日。朝起きると天気良し。足は多少筋肉痛はあるが、走ることはできそうだった。山に走りに行こうか、休養日にするか…と思っているうちに昼食も終える。「よしっ」と腰を上げたのは14時半。バイクに跨がり、市原駅へ。駅前の駐輪場にバイクを停め、Runスタイルに変身。15時少し前。ハイキングのガイドブックに載っていた「二ノ瀬ユリ」を目指すべくRunスタート。貴船口駅を過ぎ、貴船川沿いを走っていると、下山してくるハイカー達とすれ違う。ガイドブックによればこれから行こうとするコースは歩きで4時間半かかるコース、しっかり走らないと暗くなってしまう。貴船神社近くの料亭街を過ぎ、奥貴船橋から山道へ入る。走れるコースではないので歩く。沢道となり、落下防止用のロープが張ってあるような所もあり、四肢を駆使する場面も。このコースで合っているのかと不安にもなりながら進むと、16:10滝谷峠の標識に着いた。ここからは南下であり、「二ノ瀬ユリ」という快適下りコースとなるはずだ、Run再開! ほどなく心地良い下りになった。道も快適…と思っていたら、どんどん細くなっていく。山の斜面を走る格好になってきた、スピードは出しているが、踏み外したら…滑落!? そんな恐怖を覚えながら、足下をよく見ると自転車の轍が見える…ここをMTBで走るというのか!? 恐怖はRunの比じゃないぞ!?!? 「マジっ!?」と思わず声が出ても独り、爆走も止まらない。貴船山頂への分岐に出た。陽は傾いている。登るか、このまま下山するかしばらく考えたが、折角だから登ることにした。走って登って16:47山頂到着。下り爆走を再開し、さっきの分岐をあっという間に過ぎ、どんどん走って鞍部に出る。尾根道を歩いて夜泣峠。ここからの下りは一度走ったことがあったのでラストの猛爆走。途中でハイカーを追い抜き、二ノ瀬駅に出た。陽暮れ前に下界に来られた。あとは舗装路を南下。市原駅前のRーソンでアイスを買って、無事の完走を祝した[総距離16.8km/2時間48分]。
山を楽しんだ二日間でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山を走る贅沢[#1]

Photo4月の第一週末は連続山ラン(愛宕山&貴船山)でした。 土曜日は、Mりもさんの企画で「越畑お蕎麦マラニック」。昨秋にも実施予定だったのですが、その時は惜しくも雨で中止。しかし今回は快晴! AM8時、京福嵐山駅に集まった男2名+女2名でスタート。まずは愛宕山を目指しました。愛宕神社表参道入口の鳥居に到着すると、Hロさんがストップウォッチに手を掛けられた。そう、ここから愛宕神社の境内までが、噂には聞いていたタイムアタックのコースなのです。最近不調というMりもさんが「先に登ってください」とおっしゃるので、Hロさんに案内してもらいながら登っていきました。歩いたり、ランを交えたり、予期せず「かわらけ投げ」のスポットを発見。思わず、朝ドラ『ちりとてちん』の名セリフ(?)「その道中の陽気なこと!」を口にしてしまいました(わからない人ゴメンナサイ)。そして、ようやく最後の階段を登りきって境内へ…67分。「次は50分台、いや40分台で行けますよ」と言われたが「いくらなんでも40分台はないでしょ」と、見つけた残雪に驚きながら談笑。ほどなくMりもさん&Kばやんさんの女性2名も上がって来られたので、記念撮影をして再スタート。進路を地蔵山へ。他に登山者もおらず、快適な草地を楽しくラン。下りになると、いよいよランナーの楽しみ“自走ジェットコースター状態”で快感! 芦見峠から越畑集落へ入るとまだ梅が咲いていました。そして11:18、蕎麦屋さんに到着。そして昼Beer! 「え? ランの途中に!?」と驚かれつつも「私も少しだけ挑戦」ということで、Kばやんさんに御相伴して戴きました。「くーっ」美味さも倍増!! 細い手打ち蕎麦も美味でしたが、定食に付いていた山椒昆布がとても美味しかったです。お店が混み始めた12時過ぎにラン再開。樒原から水尾へは舗装路で快適な下り。柚子の里と呼ばれる水尾には「柚子の道」という歩行者用(?)の地道が約2kmあり、これがまた気持ちイイ下り。私とHロさんとは、女性陣を置き去りにし爆走!!! …そして13:20、保津峡に出てきました。  【続く】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »