« 三川下向 | トップページ | 山を走る贅沢[#2] »

2008年4月 7日 (月)

山を走る贅沢[#1]

Photo4月の第一週末は連続山ラン(愛宕山&貴船山)でした。 土曜日は、Mりもさんの企画で「越畑お蕎麦マラニック」。昨秋にも実施予定だったのですが、その時は惜しくも雨で中止。しかし今回は快晴! AM8時、京福嵐山駅に集まった男2名+女2名でスタート。まずは愛宕山を目指しました。愛宕神社表参道入口の鳥居に到着すると、Hロさんがストップウォッチに手を掛けられた。そう、ここから愛宕神社の境内までが、噂には聞いていたタイムアタックのコースなのです。最近不調というMりもさんが「先に登ってください」とおっしゃるので、Hロさんに案内してもらいながら登っていきました。歩いたり、ランを交えたり、予期せず「かわらけ投げ」のスポットを発見。思わず、朝ドラ『ちりとてちん』の名セリフ(?)「その道中の陽気なこと!」を口にしてしまいました(わからない人ゴメンナサイ)。そして、ようやく最後の階段を登りきって境内へ…67分。「次は50分台、いや40分台で行けますよ」と言われたが「いくらなんでも40分台はないでしょ」と、見つけた残雪に驚きながら談笑。ほどなくMりもさん&Kばやんさんの女性2名も上がって来られたので、記念撮影をして再スタート。進路を地蔵山へ。他に登山者もおらず、快適な草地を楽しくラン。下りになると、いよいよランナーの楽しみ“自走ジェットコースター状態”で快感! 芦見峠から越畑集落へ入るとまだ梅が咲いていました。そして11:18、蕎麦屋さんに到着。そして昼Beer! 「え? ランの途中に!?」と驚かれつつも「私も少しだけ挑戦」ということで、Kばやんさんに御相伴して戴きました。「くーっ」美味さも倍増!! 細い手打ち蕎麦も美味でしたが、定食に付いていた山椒昆布がとても美味しかったです。お店が混み始めた12時過ぎにラン再開。樒原から水尾へは舗装路で快適な下り。柚子の里と呼ばれる水尾には「柚子の道」という歩行者用(?)の地道が約2kmあり、これがまた気持ちイイ下り。私とHロさんとは、女性陣を置き去りにし爆走!!! …そして13:20、保津峡に出てきました。  【続く】

|

« 三川下向 | トップページ | 山を走る贅沢[#2] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179910/40797415

この記事へのトラックバック一覧です: 山を走る贅沢[#1]:

« 三川下向 | トップページ | 山を走る贅沢[#2] »