« 今も聞こえる声と顔 | トップページ | TVに出ます »

2008年3月 7日 (金)

市民劇「額田王」3/15-16

Photo大津の市民劇団O2劇場が中心となって取り組んでいる一大イベントの開演まで一週間。写真は先月行われた衣裳の発表会(=ファッションショー)。成安造形大学の学生達が卒業製作として衣裳を担当しているのです。見ての通り(?)、古代の王族の話です。大化の改新で有名な中大兄皇子と、その弟の大海人皇子の二人に愛された「額田王(ぬかたのおおきみ)」の物語。大敗してしまう朝鮮出兵(白村江の戦)や中臣鎌足の死、天智天皇即位、大海人皇子の吉野落ち、そして…。大津に都が置かれた(大津京/宮)五年間を中心に、政(まつりごと)を巡る男たちの理想と謀略の狭間で、“歌の王”と称された額田王は何を想い、何を詠うのか…。

市民劇「額田王」
原作・脚本=高城修三 上演台本・演出=平岡秀幸
出演=一般公募の31名
日時=3月15日(土)午後6:30開演 16日(日)午後1:30開演
会場=滋賀県芸術劇場びわ湖ホール・中ホール
料金=一般:前売¥1800(当日¥2500)
   高校生以下:前売¥1000(当日¥1500)

私は今回、宣伝美術という立場でしたが、当日は転換要員として袖に待機することになりました。こんな衣裳を着ている出演者たちには機敏に立ち回ることは難しいですし、いわゆる市民劇ですから、しっかりサポートしたいと思っています。「面白そう」と思った方は御連絡ください。

|

« 今も聞こえる声と顔 | トップページ | TVに出ます »

コメント

「額田王」アップ、ありがとうございます。
参加者スタッフ一同、一週間後に控えた本番を前に、持てる力を振り絞っていい舞台をごらんいただけるようがんばっています。
このコメントを見られたみなさん、15日16日には、是非びわ湖ホールに足をお運びください。
びわ湖の臨めるホールだからこそ味わえる感動があなたをお待ちしております。

中田さん、先日はおしかりありがとうございました。明日もがんばります!

投稿: 額田 | 2008年3月 8日 (土) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179910/40416216

この記事へのトラックバック一覧です: 市民劇「額田王」3/15-16:

« 今も聞こえる声と顔 | トップページ | TVに出ます »