« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月27日 (水)

今も聞こえる声と顔

朗読公演『京都で見つけた物語』無事終了しました。思い返せば昨秋、70名強の応募があった時にオーディションはせずに「稽古に来ること」「普段思っているような朗読ではないこと」「集団創作であること」を理解了承することを条件として意志確認をしました。そうして決まった出演者たち…全くの初心者から読み聞かせボランティア、朗読サークル、役者、元役者etc.。稽古の初めはそりゃ色々ありました。私自身もこんな先輩年代の方々を束ねるなんてことは初めてでしたし(ボス猫さまの経験談を聞いておいて良かった)、気負いもありました。でも、Nプロ35名のニックネームと顔と声とが頭に入った頃には、メンバーからも力をもらえるようになっていました。本番が近付くにつれ、稽古場の皆の顔が、声が輝きを増していきました。“人が人に声(言葉)で思いを伝える”その面白さと難しさ奥深さ、一人じゃできないことも皆でやれば壁を越えられるということ…「演劇の力」をそれぞれに感じていたのだと思います。私のNプロでは京都の歴史年表の陰に生きた庶民の物語を採り上げました。ラストシーンは“コンチキチン”の大合唱。京都の町衆の力が現代の私たちに生きる力を教えてくれます。私は、笑顔の出演者たち一人ひとりの顔を見ながら、客席の奥で胸を熱くさせていましたとさ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

さあっ

本番目前です。タイムスケジュールを組むと、あらためて2プログラムのしんどさが…。しかし、関係者の「(2つのプログラムが)全然違うなぁ」という声に胸が踊ります。どちらかが面白くなければ、こういう言葉ではないと思うのです。双方の特徴がはっきりしているからこそ、このような言葉が聞けるのでしょう。Nプロだけでなく、Mプロも併せて楽しんで戴きたいです!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

通し稽古「京都で見つけた物語」

昨夜はホールで通し稽古でした。普段、稽古の時間帯がずれているメンバーを平日の夜に召集をかけたら…欠席8名。私は音響操作をやりながら代読続々。すると色々トチるんですよ、私が…。しかし、出演者達は慌てず騒がず、堂々と進行していきました。初舞台の人も勿論います。普段読み聞かせとかやっている人でも中劇場の舞台に立つことへの緊張は測り知れないでしょう。そして、セリフを忘れてしまったり、きっかけをはずすことなど、何が起こるか分からない本番への不安は、どの人も抱えています。それでも、自分を信じ、仲間を信じ、物語を伝える気持ちを強く持ち、幕が降りるまで進み続ける「SHOW must GO ON」の精神が着実に身についていってるのだと感じ、頼もしくさえありました。
私が構成・演出するNプログラムは、35人で創る朗読作品。平安京の昔から室町の町衆文化、そして今生きる私達の物語を語ります。本番まで一週間余り、残された時間でよりオモシロい表現を目指していきます。ご期待あれ。

Kyoto演劇フェスティバル特別企画
朗読公演「京都で見つけた物語」
2/23(土)15時-Nプログラム/19時-Mプログラム
2/24(日)13時-Nプログラム/17時-Mプログラム
京都府立文化芸術会館[ホール]
料金/前売1500円, 当日1800円, 小学生以下無料
構成・演出/中田達幸(Nプロ), 務川智正(Mプロ)
出演/小学生から70代まで総勢約60名

Mプロも随分違った趣向となっていて、見比べるのも面白いですよ。チケットは私にご連絡戴ければ特別割引いたします。是非、ご来場ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

雪の初日

9日、「Kyoto演劇フェスティバル」が開幕しました。朝から大雪! その中、朗読公演の熱い稽古でした。稽古を終えて、演フェスの場内係にモードチェンジ。3作品終演後に翌日本番のAさんのリハーサルを観て、Aさんと飲みに行く…。昨夜も照明スタッフチームと飲みに行った。今月は毎週末飲み続けるんだろうなぁ。楽しく豊かな飲み会となりますように。演劇三昧の日々。京都府立文化芸術会館でお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »