« 朗読公演12/15-16『おかたづけ』 | トップページ | 『おかたづけ』終演 »

2007年12月18日 (火)

東山三十六峰マウンテンマラソン-初挑戦

071209mm_212/9(日)。以前から名前は知っていた大会でしたが、初参加してきました。サブ4を達成し、今回はレースというより紅葉狩りをするつもりでしたが…結局飛ばしちゃいました。
夏の伊吹山に合わせて買っていたトレイルランシューズを履き、まずはスタート会場の宝ヶ池までウォーミングアップを兼ねて走って行きました。10:05スタート。宝ヶ池を一周して外へ。一つ目の山(?)の歩道橋がランナーで埋め尽くされ、歩かざるを得ない状況。山に入っても道が狭く、皆黙々と歩く。スタート直後からしばらく小雨が降っていましたが、じきに止んで、少し寒いようでそうでもなさそうで、なんだかはっきりしない天気。下りに入って、走れるようになって、ほどなく第1エイドの朝鮮学校。好きな映画『パッチギ!』の舞台になっており感慨しきり。そしてやはりキツかった大文字山の上り。歩かないようにと挑みましたが…挫けました。打って変わって下りではトレイルランシューズのグリップ力発揮!! 走る走る。山猿の如くガンガンかっ飛びました。が、一度緩い坂の所で木の根に足をひっかけ転倒。そのまま一回転して起き上がり大事なく走り続けられました。いやぁ、剣呑剣呑。将軍塚への上り坂でも歩く人が多く、だいぶまばらになりました。バブル崩壊象徴の一つ、九条山のプール廃虚を眼下に見下ろしながら、遅いながらも走り続けました。最後のエイド泉涌寺を越えて「あと5km」と言われたのが3時間過ぎ。3時間45分を目標に最後の山「稲荷山」にアタック。最後の下りも快調に飛ばし、伏見稲荷大社に3時間37分30秒でゴール!!! 主催者によると、個人のフルのタイムのプラスマイナス30分が目安タイムだそうだが…信じられない記録でした。山の中で道標として立ち続けて戴いていたスタッフの方々や、800名近いランナーの途切れない列に足止めされてしまっているにも関わらず温かい声援を戴いた一般ハイカーの方々、コース近隣住民の皆さん、本当にたくさんの方々のご支援のお蔭で気持ち良く走れた楽しい大会でした。
一度帰宅し、夜はHさんに誘って戴いた走り仲間の忘年会に参加。東山のことや福知山のこと、色んなランの話題に花を咲かせました。楽しかったぁ!!

|

« 朗読公演12/15-16『おかたづけ』 | トップページ | 『おかたづけ』終演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179910/17399440

この記事へのトラックバック一覧です: 東山三十六峰マウンテンマラソン-初挑戦:

« 朗読公演12/15-16『おかたづけ』 | トップページ | 『おかたづけ』終演 »