« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

初の10kmレース×3名に祝福

天気晴朗。集合場所の北大路橋へジョグ、9時到着。ハムコ・ヒラリンとウォーミングアップの予定。まだ来てない…。そのうちにヒラリン到着。さらにショーケン登場。「応援?」と聞くと「ちゃうよ、走るんやで」「おぉ!」。3名で準備運動を始める。「ハムコ…まさかいつもの遅刻?」電話が繋がらない「まさかネ」「まさかぁ」。ショーケンが再々電話をかけ…繋がった。「…起きよった」我ら撃沈。9:30開会式&記念撮影。9:50=スタート10分前、ハムコばたばた到着。我ら溜息。とにかく完走心得を伝え、10:00スタート。
鴨川の北大路橋を起点とした出町橋〜鴨小通学橋間の周回コース。ランナーとすれ違う度に声や笑顔を掛合い、走る喜びを分かち合う。他の3名や“frun”で知り合ったマリモさんとも手を振り合いながら、新緑の河川敷を楽しみました。10kmを走った3名はそれぞれ笑顔でゴール! ショーケン53分(さすが!)、ヒラリン66分(素晴らしい)、ハムコ77分(よう頑張った)。
私は30km。キロ5m40sペースの2h50mを目標としていました。「入りは抑えて」のつもりが、周りのペースにやはり引っ張られた…入りの3kmがキロ5m57s…とにかく様子を見よう。10km地点51m45s…キロ5m11s!? こんなペースで走り切れるはずがないと思いつつ、キツく感じなかったので中盤のペース微アップ。20km地点1h41m47s。残り10km、目標達成は間違いなし。と思っていたら、24km辺りから腕が重くなり(筋トレが必要だ…)、ペースも落ちる。「まぁ、目標はクリアできるだろうし…」と思ってもみたが、ヒラリン達やその子供のR&Uもゴールで待っていてくれているし、格好悪いゴールは出来ん。最後の折り返し26.5kmで飴を口に放り込み、西賀茂橋近くの水飲み場で水分補給、膝に水をかけ…足が軽くなりました。気分上々、ラストスパート! 最後の50mもダッシュでゴール!!! ほぼフラットなコースで、2h34m45s(キロ5m10s)。驚異の記録!!!?

と、昨日まで思っていた。しかし、何か気になる…。普段の私の練習ノートに控えている鴨川橋間距離を計算すると…ん? 片道4.8kmしかないぞ。つまり、10km=ほんとは9.6km/20km=ほんとは19.2km/30km=ほんとは28.8km!? ということは、キロ5m22s…んー“驚異”ではなくなったし、かなり納得のタイム。とはいえ、レベルアップしたことは間違いないし、目標もクリア。雲ヶ畑ランやマラニックの成果かな。今度は6/3(今回より暑いだろうなぁ)に宝ヶ池でフルを走ろうと思っています。起伏の小さい周回コースで、初の4時間切りを目指します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

おまけ...そして明日のランのこと

打ち上げ会場は駅前のお好み焼き屋さん。ほぼ貸切り状態で「カンパーイ!!」。「ここから(打ち上げ)が本番」の声のとおり、皆元気、飲む、食う、しゃべる。以前から知っていたことだが、“芝居屋とランナーは酒好きが多い!”が立証される。そして初めて知ったことだが、“ランナーに煙草吸いはいないかも?”。ちなみにこの日は“ゼロ”だった。今度、レース会場で気にして調べてみよう。
きっちり21時にお開きとなる。帰る方向はみんなバラバラ。京都組で、最後まで電車に残ったのは私一人だった。またマラニックに参加して皆さんと再会したいと思った、充実した一日だった。 [...完]

そして、明日は「鴨川ゆっくりラン」。レースというより「気軽な記録会」です。でも、100名程が鴨川(北大路橋を起点とした葵橋--鴨小通学橋間)をゼッケン着けて走るので、テンションは上がりますネ。何より楽しみなのは、急造ランナーのハムコさんが10km走に挑戦するということです。さらにさらに、1週間前にこの話を聞いたヒラリンさんも10km走に参戦とのこと(今、お子さんの体調がすぐれないとのことなので、不参加の可能性も…)。とにかく完走の喜びを味わってもらいたいです。
私は30kmを走ります。左膝や左足底に少し痛みがある(いずれも筋肉疲労痛)ので、様子を見つつということになりますが、2時間50分を目標にしています。スタートは10時、暑くなりそうだ…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

初マラニック:嵐山〜箕面温泉[後編]

ゴールまでの高低差約500mをぐんぐん下る。山道なので油断をすると滑りそうになる(…いえ、滑りました)。車間距離ならぬ人間距離も必要。お陰で落ち着いて歩を進められた。膝の負担を考え、サイドステップなんかを入れながら、ペースを調整して下る。政の茶屋で休憩。山道は終わりらしい。持って来ていた鎮痛塗布剤(アンメルツみたいなやつ)を膝周りに塗り込む。
あと5km。ここからはランとのこと。なだらかな下りを軽快に走るランナー集団。17時をまわっているが、まだまだ皆元気だ。少し車道も通る。車の皆さんにはランの面白さは理解できまい。箕面の滝、清々しい。観光客も多い、そこに現れたランナー集団。「前回のマラニックの時は、遅い時間になっていたから暗くて見えなかったのよ」と、代表者の一人マリリンさん(女性です。後で調べて判ったのですが、アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリアを横断したという経歴を持つ、すごーい方です!!)(女性はもう一人、歌姫さん。彼女は終始先頭集団におられました)。
観光客が歩く中を突き進む我ら。「箕面駅まで2km」の表示、ゴールはすぐそこだ。皆、ラストスパート。私もラストスパート…できる! 嬉しい! やはり走るのは気持ちイイ!! 猿たちに手を振りつつ、スパーガーデン発見、18:01ゴーーーーール!!!!! 54km約10時間。Photo_13
初マラニック完踏を皆に祝福されながら記念撮影。温泉だー! 男湯の水風呂で足だけ浸かっている(いわゆるアイシングです)変な集団になったり、露天風呂での〜んびりしたり。「ナカタさーん」ともう一人の代表者ナビさん(こちらも日本縦断, アメリカ横断etc.)に呼ばれる。打ち上げ会場に行くのに、私待ちだった。スミマセーン。   […“おまけ編”に続いちゃいます]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

初マラニック:嵐山〜箕面温泉[中編]

ポンポン山を下り、昼食ポイントの「上の口バス停」に着く。ここにある酒屋(兼コンビニ)で食料を調達…ん? 何かがおかしい。メンバーの半数がビールを買っている? 飲んでる? …えぇっ!?「次の登りでアルコールなんてすぐとぶよ」「マラニックにBeerは欠かせへんで」…むぅ、恐るべし。私は自信がないから自制。
ラン再開。ほどなく川へ出る「摂津峡」。ここからは再び登り。萩谷で道が「健脚コース」と「一般コース」に分かれている。もちろん我々は健脚コース。頂上が近付くにつれて、坂が急になっている。息が上がって、着いた頂上には大きな展望台。「もう、登りたくない〜」と言ってみたが、誘われるままに展望台の階段を登った。絶景!! 大阪城、太陽の塔、大阪ドーム…み〜んな小っちゃい。東は生駒山から、西は明石大橋まで見渡せるなんて場所は初めてだ。感動!
さて、下りだ。皆「もうすぐ“あわポイント”や」と言っている。忍頂寺スポーツ公園内の施設に入る。早速、皆Beer購入。あと20kmを切ったなぁ…むぅ、負けてられん。ということで、私も「完走前祝いです。カンパーイ!」てなことに。アホですな。
ここからは緩やかなアップダウン。相変わらず先頭集団に混じっている私。「もうすぐ名水ポイント!」…本当に“水”らしい。先頭にいたTさんがペースを上げた。周りの2,3人も。私も! …ダッシュダッシュDash!! 水場発見!!! ゴクゴク, うま〜い!!!! 後から来たメンバーに「速すぎるわぁ」と言われても、何事も楽しまなきゃネ。
いよいよ北摂霊園へ向かう。今日最後の登りである。さっきのダッシュで足も軽く…なるはずが…違和感…サポーター装着の左ではなく、右膝だ…。メンバーに遅れないようにしながら、膝に負担をかけないよう気を付け山道を登る(歩きだったので助かった)。北摂霊園へ到着。広い敷地である。腰を下ろし、サポーターを右膝に着け換える。「…あと10km足らず。ここからゴールまで下りだ。もってくれよ…」。記念撮影で微笑みながら、一抹の不安を抱えていた…。  [.....続く]

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

初マラニック:嵐山〜箕面温泉[前編]

Photo_12さて、レポートです(3部構成の予定)。

朝7時過ぎ、集合場所の嵐山駅に一番乗り。ランナーを見つけ「おはようございます」と声をかけた相手はTさんという方(後で分かったことだが、ウルトラマラソン上位常連者)。続々とランナーが集合。マラニック初体験者は私のみ。他の方々は100kmも、200kmも、300kmだって走っている…さすが…。7:45曇り空のもと出発。20人(男性17, 女性3)のリュックを背負ったランナーが住宅街を走る。ご近所の方々は、この一団が箕面を目指しているとは夢にも思わないだろうなぁ。松尾大社、苔寺を過ぎると小学校があった。その名を見てビックリ。6月の「そうべえ…」で行く学校だ。ここで周りに「役者なんですぅ」とアピール。とにかく、皆の足を引っ張らないようにと、先頭集団の尻尾に付いて走る。
沓掛を越え、登りの様相を呈してくる。花の寺、金蔵寺と標高が上がってくる。15kmを超える。このペースなら付いて行けそうだ。もちろん、初心者の私に合わせて戴いているのでしょう。と、思っているうちにポンポン山に入っていく。本気の山道。そして、知ったこと…「山の急勾配は歩く」。安堵感。それでも足取りは早い、つまり早登り(&早下り)。ポンポン山の頂上に到着。今日の行程で一番高い場所(679m)だ。「ヤッター!」の3分の1。ここからしばらくは下りだ。初心者ということと、左膝のサポーターのこともあり、「大丈夫?」と声をかけて戴く。エネルギー補給。うん、まだまだ大丈夫。
山道を下っていく。と、向こうからランナーが登って来た。この近所に住む方で、メンバーのお友達。「思ったより随分早いねぇ」とのこと。足を引っ張らずに済んでいるってことかな。本山寺でボトルに水を補給。緩やかな下りなのでラン再開。まだ昼前(?!) お腹空いてきたぁ…。 [.....続く]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

働け! 頭, 身体, 足, etc...

今週はK芸『そうべえ まっくろけのけ』の稽古が3日間(読み合わせ・立ち稽古・立ち稽古)ありました。ようやくこの作品の全体像が見えてきました。観客を楽しませる“仕掛け”がいっぱいあって、私は出番自体は多くないのですが、転換や衣裳替えなど細々と段取りがございます。GW明けの本番までに芝居の流れと段取りの流れを頭と身体に覚え込ませないといけません。ウン。しかし、一つ大きな課題が…それは“踊り”。昨夜の稽古で教えてもらった『そうべえ音頭』の振付けが…。思えば芝居で踊った記憶はPノラマ☆アワー『エデンの東』のヤングマン♪ぐらい…ムムム。

さて、明日はいよいよ“54kmマラニック”。実はチョビっと左膝に痛み(過去の故障の名残り)が出ているので、今週はトレーニングの量を減らしていました。明日も左膝にはサポーターを着けて臨むつもりです。箕面温泉まで無事に着いて、美味しいBEERが飲めますように。雨も降らんといてやぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

気分は箱根駅伝[後編]

田ノ谷峠の先の下り坂は見るも恐ろしかった。いつかは近江神宮との往復に挑戦したいとも思っていたが、無理かも…。とにかく、今日は引き返す。京都向きは車が少なめだったので助かった。グングン下る。あらためて「こんな坂を登ってきたのかぁ」と自身に感心。再び京都入り。テンポ良く走るが、この接地衝撃の連続が明日以降どのような結果を招くだろうか? 「今コケたら、エラい怪我しそう…」急勾配ではそんな不安と、落下するが如き感覚に恐怖。ラジウム温泉前に来た。赤色が特徴的な和様建築で、箱根駅伝の中継で観た「小涌園前」にイメージが重なる(が、応援は皆無)。ついにT字路へ出た。あとは西へなだらかな下り。田中里ノ前ゴール!! 1h29m48s。下りは登りの約1.3倍の速度だった。

まる二日の休養で、現在後遺症は特になし。さて、これまで山登りトレーニングを4週連続やってきたわけですが、さらに今週末には山を3つ越えます。日本100マイルクラブ主催の「東海自然歩道マラニック・北摂編」に参加するのです。嵐山をスタートして、ポンポン山、摂津峡、竜王山、北摂霊園、そしてゴールは箕面温泉へ。約54kmの行程を17名(男性16・女性1)で“マラソン・ピクニック”。リュックを背負って初めて走る自己最長距離…大丈夫だろうか…ゆっくり走って楽しめれば良いのですが。まずは体調管理。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

気分は箱根駅伝[前編]

先週土曜日は、起きるのが遅かったこともあり、走れる時間は2時間程…雲ヶ畑コースは無理…うーん。地図を見ながら考えた。「よし!」 とコースを決めた…山中越え。近所の御蔭通を東に突き進むと山登りになっていく、その先に行くと滋賀県に入り、山を越えると近江神宮に出るのである(下鴨大津線ともいう)。時間の都合で、途中の“田ノ谷峠”を折り返す往復14kmを設定し、田中里ノ前からスタート!
いつもの河川敷とは違い、今日はずーっとアスファルト道。北白川別当町を越え、登り坂になってくる。T字路を左に曲がるといよいよ山登りである。キツイ…雲ヶ畑の入口の坂より急だ。バイクで通ったことがあるので、楽な道ではないことは百も承知のつもりだったが…。さらにキツイ坂では、歩くより遅いスピードでコツコツ登る。ラジウム温泉場を越える。「それにしてもこれを下るのも恐怖だな」と思いつつ、頻繁に通る車に遠慮しながら狭い路肩をひたすら登る。滋賀県に入った。走って県境を越えるのは初めて。少し感動。雲ヶ畑より急な坂が延々と続く。自身を箱根駅伝のランナーに重ね走る登る。少し下りになり、「山中上」というバス停を発見。ここからは下りか? と思いきやスグまた登り。そしてオアシス(休憩ポイント)を発見、「サークルK」と「芽亜里(喫茶店)」。そして、ついに、比叡山ドライブウェイの入口「田ノ谷峠」に到着…51m30s。見えた。湘南の海ならぬ、琵琶湖。写真をパチリ。Photo_11
そして、ここからは恐怖の下りである…(続く)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

夢×挑戦ブログ挑戦報告(3月)

Act&Runが主なテーマの「中田-計画」。このブログの左下方に「最近のトラックバック」という欄があります。そこに“今週もチャレンジ精神あふれる「夢×挑戦者」を紹介します”というのがありますが、ココログ&アサヒビールの企画「夢×挑戦ブログ」に参加しております。
その報告として、3月のAct&Run本番をまとめておきます。

3/1…亀岡の保育園にて人形劇上演
3/4…「篠山ABCマラソン」フル 4h16m45s完走
3/8…並河の保育園にて人形劇上演
3/17…G歌舞練場にてエセ狂言師
【月間走行距離-219.5km/年間-511.1km】

5月の“劇団K芸学校公演16ステージ”や、6月の“『肝苦りさぁ沖縄』沖縄公演”に向けて準備が始まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

桜満開-高野川

スミマセン、ブログの更新に一週間以上空いてしまいました。
その間に京都も桜満開となり、3日の夜はB化芸術会館&Aルティのスタッフ主催の花見(円山公園)に参加してきました。今年は幾分参加者が少なかったようです。例年は色んな芝居関係者も来てたのですが…。5日は兵庫の舞子にある"劇団J由人会"へ。K俵さんが出演している作品があるのですが、その立ち回りシーンの稽古協力ということで、K俵さんに呼ばれた4名で行ってきました。木刀が振り回せる広い稽古場でした。とはいえ、片道2時間半強は帰路が遠かった…。そして昨夜は、"劇団Aしたの会"の花見(船岡山公園)に誘って戴きました。酒飲んで、たらふく鍋を食って、終盤の話題は「(芝居等で)戦争体験を伝えること」でした。『肝苦りさぁ沖縄』を演っている者として、どんな意識を持っているのか、とか、表現を深める為にどんな作業(勉強)をしているのか、とか質問されつつ…とてもオモシロかったです。
でも花見と言いながら、どちらも殆ど桜を見てなかったですね。昼間に走ったり歩いたりしている時に見る高野川&鴨川の桜が綺麗で満足していまぁす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »