« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

ゆく年くる年

2006年ももうすぐ終わりです。1月にはヤザキタケシさんのソロパフォーマンス「in the Octpus Garden」の制作と声の出演をさせて戴きました。2月の演フェスでは、木村千鶴(劇団ひぃふぅみぃ)さんの一人芝居「やおや お七 〜お七恋唄〜」の脚本・演出と、京都放送劇団「放送劇 北限の海女」での出演。どちらも今回初めてご一緒させて戴きました。3月には、猫会議朗読公演「展覧会のエイ」。5月は、馬場精子(京都放送劇団)さんの朗読会で演出・出演。Dinyosさんのダンス公演で声の出演もさせて戴きました。6月はW杯ドイツ大会、ジーコの最後の会見は納得できませんでした。8月は、「肝苦りさぁ沖縄」を大津と土山で。W.P.O.T.さんのお仕事で宇治の保育園で人形劇もやらせて戴きました。サンガのサッカー教室にも通いましたね。9月はブレヒト作品「コーカサスの白墨の輪」に出演。チラシのデザインもさせて戴きました。11月には、市民劇団O2劇場「広くてすてきな宇宙じゃないか」の演出。12月は、パノラマ☆アワー「カゴメの図鑑」を常滑で。そして締め括りは加古川マラソンでした。今年も本当に色んな方々とのご縁に支えられた1年でした、あらためて感謝申し上げます。良いお年をお迎えください。

【月間走行距離 166.4km/年間 712.6km】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

フルマラソン記録更新

徐々に明けていく空を見ながら、加古川駅まで電車で約2時間半。途中から増えてくるランナー達の姿に心踊らせつつ8時到着。駅から、マラソンコースになっている河川敷(鴨川と違って舗装されていた)を通って徒歩で会場に到着。左膝にはサポーター、右膝にはテーピングを施し、快晴の中、9:45スタート。「序盤は抑えて」のつもりが、「ちょっと速いなぁ」というペースだった。それでも、気持ちが落ち着いていたので、「細かいことは気にしない」とマイペースのまま10kmを超える。難敵「加古川大堰」を昇って降りたら、13km〜33kmまでは高低差10mのほぼ平坦なコースなので中盤のペースアップ。折り返しの23km過ぎで、持参した「アミノバイタル」をチャージ! 身体にみるみるエネルギーが補充されるのを実感(この大会は2.5kmごとにエイドがあるので、給水・給食もたっぷりできました)。次々と周りのランナーを抜いていくと、気分も最高潮!! しかし、再度「加古川大堰」を昇って降りたあとから、いわゆる“35kmの壁”が…。しかし、昨年の二の舞いはしたくない。エイドで「あんぱん」「チョコレート」を頬張りながら、時計を何度も確認して“目標タイム”を目指して踏ん張りました。最後の195mをダッシュ(!?)してゴーーール!!! 自己記録4h23m('02.11.)を更新、4h12m35sでした。
061223_2現地の銭湯は混むはずなので、京橋の銭湯へ。昨年は限界を超えたせいで、レース後3ヶ月ほど痛みが残りましたが、今回は早く回復すると思います。次の目標は未定ですが、年明けには練習再開の予定です。今回、ご声援戴いた皆様、ありがとうございました。

【月間通算走行距離 152.3km/年間 698.5km】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

京都労演『飢餓海峡』ツアー

先日12/16-17は京都労演の運営委員有志で、12月例会だった『飢餓海峡』に因んだ福井・舞鶴ツアー(別名「カニカニツアー」)へ行ってきました。3台の車で12名、心配していた雪にも覚悟していた雨にも降られず楽しい2日間でした。初日は福井、若州人形座もある“若州一滴文庫”に行きました。Dscn1037Dscn1040作者である水上勉さんの地元に造られた施設で、劇場や図書館(生前、水上さんが所有していた本を一般に開放…現在2万冊以上の蔵書がある)を中心とした“創造の場”です。私は初めて訪れたのですが、1日や2日では満喫できない面白さと深みがありました(案内して下さったNさんは猫会議の公演も観て戴いていて、京都メンバーの話にもなりました)。まだまだ居たかったのですが、後ろ髪引かれつつ宿へ。そして蟹づくし! 久し振りの“甲羅酒”を堪能しましたが、減量で胃が縮小していたので、雑炊は明朝に戴くことにしました。朝食前のランニングは小雨が降っていたのでスタートが遅れ、30分ほどに…途中、約30匹の野生猿に遭遇しビックリしました。朝風呂・蟹雑炊を楽しみ、快晴の中、舞鶴へ。Dscn1041作中に登場する“アンジャ島”で海を楽しみ、“引揚記念公園”では「岸壁の母」を熱唱(?)。なんやかんやで、無事帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

あと約一週間

例の『「マクベス」ヲ読ム』の本番日が2007年2月24日(土)15:30に決まりましたので、「プロフィール」ページにアップしました。稽古のレポートなどはまた後日に。

さて、最近「炭水化物抜きダイエット」なんてのを耳にしますが、ここしばらくの私はその状態(?)。マラソン本番に向けて、たんぱく質中心(肉、豆)の食事で筋トレも少々、もちろん疲労しない程度のランも。確かに体重は56kgを切る位で安定しています。本番の3日前からは逆に炭水化物中心の食事に変えて、好きな御飯もたっぷり食べます。全ては42.195kmを走り切るためのエネルギーを、効率よく蓄積するため(カーボローディング)です。昨年の福知山マラソン(11/23)では9-10月の練習は充分だったのですが、“疲労抜き”のつもりが、本番月の練習量が少なすぎたのが原因でしょうが30kmから大失速、ついには歩き続けてゴールという情けない結果(5h07m)でした。昨年の失敗を踏まえ、今回は本番月に入ってからも何度か10km以上走っています。4度目のフルマラソン、目標タイムは4h15m。あとは当日の天候でしょうか。秋のレースと冬のレースとの違いもあるし、雨なんか降られると…凍ってしまいます(!?)。

【月間走行距離 85.8km/年間 632km】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

あしたの会『松本荘2』

先週末は金曜日の『カゴメの図鑑』を無事終え、土曜日に京都へ帰って来て荷下ろしを終えたのち、劇団あしたの会『松本荘の人たち その2』の受付要員に行ってきました。「耳の聞こえる者と聞こえない者が共に演劇を創ること、手話と音声という異なった表現方法を持つ者たちが共に舞台空間を創ること」を主旨とし、聾者と健聴者が一緒に演劇を創り続けて11年目の劇団です。劇団が旗上げする前から数名のメンバーは知っていたので、縁は長いですね。6年前に一度だけここの舞台に立ったことがあります。健聴者の役でしたが、聾のメンバーと話すのは、初めて使う手話でした。自己紹介で緊張しましたが、顔合わせの後、飲みに行って、“ビール、酒、美味い”という手話は自然に覚えていました。あれから6年振りの再会で、手話はすっかり忘れていたので、打ち上げに行くことは少し緊張もしましたが、“芝居が好き”という共通の思いが会話を楽しませてくれましたし、あらためて縁を確かめ合うことができました。

【ストーリー】聾の父親(源さん)と中途失聴が進行している高校生の息子(陽一)が住む「松本荘」の住人や周りの友人たちが繰り広げる夏の一幕。高校生になった時に「(聴覚障害者の為のではなく)普通の小学校の先生になりたいという夢を語った陽一。しかし一年後の夏、バンドでドラムを叩いている陽一は、周りの音が聴こえなくなって、リズムが合わなくなっていたことで悩んでいた。さらに大学に入った先輩が、板書が極端に少ない大学の講議についていけなくなって辞めてしまったことも耳にする。陽一は将来に対してすっかり不安になってしまっていた。沈みがちになっている陽一を元気づけるために、源さんとその仲間の“おっさん達”が和太鼓演奏に「挑戦」することになった。ステージ発表まで2週間、悪戦苦闘しながらも必死に頑張っている彼らの姿を見ているうち、陽一も再びドラムのスティックを握る…。

将来に対する不安というのは誰もが抱えるものだし、太鼓の練習に励む“おっさん達”の姿は観客全てにも「挑戦する勇気」を与えたのではないかと思います。聾者も健聴者も老若男女が一緒になって笑い、涙し、拍手する…受付要員としても、自信を持ってお客を迎えることができた二日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

12月となりまして

いよいよ師走。400頁超の本創りも大詰めですが…。

昨夜は小さな稽古場に3名の見物客を迎えての通し稽古でした。その『カゴメの図鑑』@常滑で、今年は舞台納め(早ぁ…)。明日の本番、しっかりと務めて京都に帰ってきたら、劇団あしたの会の受付要員@芸館です。そして、書き上げた『マクベス』(来年2月下旬“演フェス”にて本番、詳細は後日)の稽古がスタートします。
来週末は京都労演の運営委員有志メンバーで、舞鶴に行きます。初めて“若州一滴文庫”にも訪れます。好天でありますように。
そしてそして、メインイベント12/23「加古川マラソン」の日を迎えます。(こちらも好天でありますように。寒いと身体が硬くなるぅ。)その夜は『肝苦りさ沖縄』“まぶいの会”の納会でもあり、しっかり完走して、減量を忘れて飲んで食っちゃおうと思っています。

楽しいことばかりですな、感謝々々。

【月間走行距離 47.2km/年間 599.4km】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »