« 戦争と演劇 | トップページ | 他は観てないけど »

2006年8月 9日 (水)

明日

というタイトルでUPするはずだったのに、今日になってしまいました。
今日は、61年前、長崎に原子力爆弾が落とされた日です。長崎の芝居といえば、10年位前に観た『明日−TOMORROW』。この原作は映画にもなっていますが、『奇蹟の人』を一緒に演ったことがキッカケで知り合いになった方達がいる劇団大阪さんの芝居を初めて観たのがこの芝居でした。劇団のアトリエでもある小さな空間で、客席四方囲みで観たこの芝居は、中央の舞台を回るように生きる人々の姿が時計の文字盤と重なるような演出で、迎える11時2分のラストまで終始惹き付けられたことを覚えています。
初めて観る劇団(集団・プロデュース)の1本目の芝居って、その後の印象にも強くつながりますよね。常に何らかの自信が持てる作品を創りたいなぁ、と思っています。

|

« 戦争と演劇 | トップページ | 他は観てないけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179910/11347917

この記事へのトラックバック一覧です: 明日:

« 戦争と演劇 | トップページ | 他は観てないけど »