2018年2月22日 (木)

『築地にひびく銅鑼』大阪劇団協議会合同公演に出演します!

おかげさまで、第39回Kyoto演劇フェスティバルは盛況のうちに閉幕しました。最終の2日間は、山科醍醐こどものひろば演劇部ぽっぷ・こーん『きつねの森の演芸会』ならびに、市民劇団O2劇場『パレード旅団 ~家族編~』と、自身の演出作品が続き少々くたびれましたが、どちらも良い本番ができ、関係者の皆様に感謝しております。

そして、前述の2本と並行して、出演作品の稽古をしていたのが…大阪劇団協議会合同公演『築地にひびく銅鑼』(3/8-11@大阪ABCホール)です!!

Web
古代ギリシアで演劇が花開いて約2500年。それを起源とする西洋演劇が日本に輸入され〈新劇〉と名乗り、築地小劇場において銅鑼の音とともにその歴史が始まったのは、1924年のこと。その銅鑼を叩いたのは後に不世出の名優といわれた丸山定夫。1923年の震災により焦土と化した東京で、築地小劇場の研究生として、新劇の誕生とともに青春を生き、俳優としてまた-生活者として、時代の流れに煩悶する。〈新劇〉は時の権力に翻弄され、丸山は広島慰問で原子爆弾の犠牲となる。
(リ−フレットより転載)

関西芸術座や劇団五期会などから老若男女の俳優総勢35名が出演する、遊劇体のキタモトマサヤさん演出作品です。エネルギーとアイデアが渦巻く稽古場で、お互いに刺激し合いながら連日作品創りに格闘しております。演劇に詳しいという方は勿論、あまりお芝居を観ないという方にも、ワクワクして観てもらえる作品になると確信しています。ぜひぜひぜひ是非! 観ていただきたいです!! ご予約(日時指定)、お待ちしております!!!!!

大阪劇団協議会合同公演『築地にひびく銅鑼』
原作:藤本恵子 脚本:宮地 仙 演出:キタモトマサヤ
3月8日19時、9日14時·19時、10日12時·17時、11日13時
ABCホール(最寄駅=阪神「福島」、JR「新福島」「福島」、京阪「中之島」)
日時指定(要予約):前売り3500円(当日4000円)学生2000円
全席自由

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

2月は演出2本…Kyoto演劇フェスティバル

さて、気付けば2月。今年もKyoto演劇フェスティバルが開催されます。会期は2/10(土)~18(日)、会場は京都府立文化芸術会館(府立医大前)です。その中で、私は2作品の演出をしています。

◎『きつねの森の演芸会 ~宮沢賢治童話より~』2/17(土)14時開演

宮沢賢治の「雪わたり」の世界をベースに、動物たちと人間との関わり描きます。小学生から60歳代まで幅広い出演者たちと楽しくて深みのある作品づくりに挑戦しました。

◎『パレード旅団 ~家族編~』2/18(日)14時開演

本来は2つの状況設定を行き来する鴻上尚史さんの作品ですが、その片方の世界を脱き出して構成したもの。台風の夜に巻き起こる、ある家族の物語。熟年メンバーがアクションに挑みます。


フェスティバルなので、1演目のチケットで、同日のホールプログラム全てを観ることができます。17日は次の演目が田辺剛さんの作品で、大熊ねこさんや高杉征司さんといった出演者も魅力です。18日の次の演目も、全国高校演劇コンクールの京都代表に選出され、注目を浴びている朱雀高校演劇部です。
その他のプログラムは演フェスのHPをご参照ください。

ご予約・ご来場、お待ちしております。

告知・情報 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

「やまびこーん演劇祭」チケット状況

おかげさまで、前売り券は10時の回は完売しました。
14時の回も残りわずか、ご予約はお急ぎください!

やまびこーん演劇祭
日時:2017年11月26日(日)10時&14時
会場:西陣文化センター小ホール
市バス「千本中立売」より徒歩5分
料金:前売 高校生以下800円/一般1200円

予約リンク(シバイエンジン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

11月公演情報-原案/宮沢賢治

9月の「げき×らくご」、無事終わりました…っていつものことながら遅い報告で申し訳ありません。お客様方にたくさん笑って頂けて良かったです。

さて、今月は「山科醍醐こどものひろば演劇部ぽっぷこーん」と「児童劇団やまびこ座」との初の合同自主公演企画です。それぞれ40-50分の作品上演に加え、和太鼓演奏やダンスも披露するという「お祭り」です。

やまびこーん演劇祭
日時:2017年11月26日(日)10時&14時
会場:西陣文化センター小ホール
市バス「千本中立売」より徒歩5分
料金:前売 高校生以下800円/一般1200円

予約リンク(シバイエンジン)

Photo

ぽっぷこーん『きつねの森の演芸会』は、『雪わたり』をはじめ、宮沢賢治の3つ童話を構成した物語。台本・演出は私です。

やまびこ座『私の小さな夏の花』は、広島の原爆のことや老齢者の孤独死などをテーマにした物語で、作・演出は中村さとしさん。

小・中学生から熟年まで幅広い出演者でお迎えいたします。実は、会場が小さく、2団体の合同公演にしては、かなりキャパが限られています。興味を持って頂いた方は、至急(特に14時の回!)予約リンクよりご予約頂きますようお願いいたします!! 売切れ必至です!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

げき×らくご『おばけ長屋』『皿屋敷』

2017さて、本番一週間前となりました「げき×らくご」。元人形劇団京芸=山崎くんと20代の若人=広岡くんと私とさらに人形まで登場させて、落語の『おばけ長屋』と『皿屋敷』を立体的に演じようという企画です。怪談系の噺ですが、子どもさんたちにも楽しく笑って頂ける仕掛けになっております。今年の出演の予定はここまで(あとは台本・演出の作品を11月に上演します)ですので、是非お誘い合わせの上ご来場ください。ご予約お待ちしております。

■9月29日(金)19:00開演
 集・酉・楽 サカタニ 2Fイベントスペース(京阪「七条」)
■9月30日(土)15:00/17:30 開演
 京都教育文化センター 101会議室(京阪「神宮丸太町」)
■一般1,500円/中学生以下500円/おやこペア1,700円
■ご予約は中田まで(送信の祭には◇を@に変えてください)
 t_t_1969_n_n_0713_◇docomo.ne.jp
************
そして、出演した映画『水面(すいめん)のあかり』の京都シネマ上映は初日から立ち見が出たり、舞台挨拶に津田寛治さんが駆けつけられるなど盛り上がりました。私も家族総出で観に行きました。そして、9/23(土)からは大阪のシネ・ヌーヴォで公開されます。
■9/23(土)-29(金)…20:40  9/30(土)-10/6(金)…10:20
 10/7(土)-10/13(金)…18:00《この週はシネ・ヌーヴォX》
■一般1,700円

************
出演や演出作品ではありませんが…京都労演10月例会、劇団昴『ラインの監視』を紹介させてください。映画『ジュリア』などで知られるリリアン・ヘルマンの戯曲。1940年のアメリカ上流家族の家に家出していた娘が夫と子どもたちを連れて帰ってくるところから始まりますが、彼女の夫は実は反ナチスの活動家であり、その家には親ナチスのルーマニア人夫妻が居候しており、息詰まる駆け引きが展開していきます。劇団昴の初演を観た劇評家が「こんなにサスペンスフルな作品は10年に1本だ」と評した作品です。京都労演の例会は、12月に劇団民藝による井伏鱒二作品、来年2月に前進座による山本周五郎作品と続きます。興味を持たれましたらご連絡ください。

■10/15(日)15時 16(月)18:30
■呉竹文化センター
■入会金1,000円  月会費3,500円(翌月分前納制)
************
以上、よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«終演御礼『パレード旅団 -家族編-』02劇場