2017年11月22日 (水)

「やまびこーん演劇祭」チケット状況

おかげさまで、前売り券は10時の回は完売しました。
14時の回も残りわずか、ご予約はお急ぎください!

やまびこーん演劇祭
日時:2017年11月26日(日)10時&14時
会場:西陣文化センター小ホール
市バス「千本中立売」より徒歩5分
料金:前売 高校生以下800円/一般1200円

予約リンク(シバイエンジン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

11月公演情報-原案/宮沢賢治

9月の「げき×らくご」、無事終わりました…っていつものことながら遅い報告で申し訳ありません。お客様方にたくさん笑って頂けて良かったです。

さて、今月は「山科醍醐こどものひろば演劇部ぽっぷこーん」と「児童劇団やまびこ座」との初の合同自主公演企画です。それぞれ40-50分の作品上演に加え、和太鼓演奏やダンスも披露するという「お祭り」です。

やまびこーん演劇祭
日時:2017年11月26日(日)10時&14時
会場:西陣文化センター小ホール
市バス「千本中立売」より徒歩5分
料金:前売 高校生以下800円/一般1200円

予約リンク(シバイエンジン)

Photo

ぽっぷこーん『きつねの森の演芸会』は、『雪わたり』をはじめ、宮沢賢治の3つ童話を構成した物語。台本・演出は私です。

やまびこ座『私の小さな夏の花』は、広島の原爆のことや老齢者の孤独死などをテーマにした物語で、作・演出は中村さとしさん。

小・中学生から熟年まで幅広い出演者でお迎えいたします。実は、会場が小さく、2団体の合同公演にしては、かなりキャパが限られています。興味を持って頂いた方は、至急(特に14時の回!)予約リンクよりご予約頂きますようお願いいたします!! 売切れ必至です!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

げき×らくご『おばけ長屋』『皿屋敷』

2017さて、本番一週間前となりました「げき×らくご」。元人形劇団京芸=山崎くんと20代の若人=広岡くんと私とさらに人形まで登場させて、落語の『おばけ長屋』と『皿屋敷』を立体的に演じようという企画です。怪談系の噺ですが、子どもさんたちにも楽しく笑って頂ける仕掛けになっております。今年の出演の予定はここまで(あとは台本・演出の作品を11月に上演します)ですので、是非お誘い合わせの上ご来場ください。ご予約お待ちしております。

■9月29日(金)19:00開演
 集・酉・楽 サカタニ 2Fイベントスペース(京阪「七条」)
■9月30日(土)15:00/17:30 開演
 京都教育文化センター 101会議室(京阪「神宮丸太町」)
■一般1,500円/中学生以下500円/おやこペア1,700円
■ご予約は中田まで(送信の祭には◇を@に変えてください)
 t_t_1969_n_n_0713_◇docomo.ne.jp
************
そして、出演した映画『水面(すいめん)のあかり』の京都シネマ上映は初日から立ち見が出たり、舞台挨拶に津田寛治さんが駆けつけられるなど盛り上がりました。私も家族総出で観に行きました。そして、9/23(土)からは大阪のシネ・ヌーヴォで公開されます。
■9/23(土)-29(金)…20:40  9/30(土)-10/6(金)…10:20
 10/7(土)-10/13(金)…18:00《この週はシネ・ヌーヴォX》
■一般1,700円

************
出演や演出作品ではありませんが…京都労演10月例会、劇団昴『ラインの監視』を紹介させてください。映画『ジュリア』などで知られるリリアン・ヘルマンの戯曲。1940年のアメリカ上流家族の家に家出していた娘が夫と子どもたちを連れて帰ってくるところから始まりますが、彼女の夫は実は反ナチスの活動家であり、その家には親ナチスのルーマニア人夫妻が居候しており、息詰まる駆け引きが展開していきます。劇団昴の初演を観た劇評家が「こんなにサスペンスフルな作品は10年に1本だ」と評した作品です。京都労演の例会は、12月に劇団民藝による井伏鱒二作品、来年2月に前進座による山本周五郎作品と続きます。興味を持たれましたらご連絡ください。

■10/15(日)15時 16(月)18:30
■呉竹文化センター
■入会金1,000円  月会費3,500円(翌月分前納制)
************
以上、よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

終演御礼『パレード旅団 -家族編-』02劇場

台風が一週早く来ていたら…と思うとゾッとしますが、市民劇団02劇場『パレード旅団 -家族編-』、無事に終演しました。
同団としては、鴻上作品への初挑戦となったわけですが、元々は2重構造だった台本の片側だけを抽出するという手法(鴻上さん自身が戯曲本のあとがきで指南されているのですが)によって、難解になってしまったようで…。さらに、演出はアングラチックな展開となり…。
あと、会場では雛段の客席を仮設で組んだのですが、平台などはほぼ大ホールから借りてこなけれはならず、この作業だけで、皆へトヘトになっていました。
そんなこんなで大変ではありましたが、演劇の魔力でなんとか楽しくやりきることができました。ご来場頂いた皆さま、ならびに関係者の皆さま、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

芝居も映画も「育つ」もの(『水面のあかり』京都先行ロードショー)

Photoさて、市民劇団O2劇場『パレード旅団 -家族編-』はいよいよ今週末。やはり芝居は「生もの」でして、本番に向け急成長・進化・深化しています。上演時間約80分、是非ご覧頂きたいです。

そして、このブログではまだご紹介できていなかったのですが、私が出演させて頂いた映画『水面のあかり』京都シネマで9/15まで上映中です。Youtubeの予告映像にも登場シーンあり(1分50秒辺り)

先週土曜日の公開初日は立ち見が出るほどの盛況ぶりだったとのこと。今週末も上映後に舞台挨拶があるとのことで(日曜日には津田寛治さんも登壇!!!!!)、混雑が予想されますので、お早めに会場でチケットを購入されることをお勧めします。より多くの方に観て頂くことで、映画も育っていくのだと、監督やプロデューサーさんもおっしゃっていました。是非!!
(9/23からは大阪シネ・ヌーヴォでも公開されます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«9月の2公演/鴻上&落語